もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》

  • 絵本
文: ローズマリー・マカーニー
訳: 西田 佳子
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年07月07日
ISBN: 9784890139828

B4変型判・上製・34ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

朝、「行ってきます」と元気よく出かける子どもたち。
その風景は実にさまざま!
世界各国の通学風景を収めた、勇気をもらえる写真絵本です。

世界のさまざまな地域に住む子どもたちは、どうやって学校に通っているのでしょう。
てくてく歩いて?
バスや車に乗って?
学校まで、とても遠い道のりを歩かなくてはならなかったり、
自分の机や、飲み水の入った重いたらいを、運んでいかなければならないこともあります。

本書には、自然災害や、川の急流、けわしい山道、高いがけにも負けず、
毎日懸命に学校へとむかう世界中の子どもたちの写真を収めました。
「学ぶのは楽しい」「友達にも会える」「だから学校へ通うんだ」……
そんな彼らの気持ちが伝わってきます。
そのひたむきな姿は、私たちに勇気と元気を与えてくれます。
●巻頭にはノーベル平和賞受賞、マララさんの写真を収録。

ベストレビュー

親は心配だろうね

TVでこんなふうにすごい通学路を通う子どもたちを
見たことがあり、息子たちに言葉で伝えたことがありますが、
息子たちに見せたことがなかったので
実際に写真で見ることで
子どもたちも大変さが伝わったようです。

こんな大変な道のりも学校に行くために
子どもたちは通っているんですよね。

具体的に「雨や雪、真夏の時はどうするんだろうね」
「抱っこして連れて行ってあげるわけにもいかないし、
親は心配だろうね」などといろいろ話しながら想像しました。

学校まで徒歩5分の息子。
恵まれてますね。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローズマリー・マカーニーさんのその他の作品

わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち / 私はどこで生きていけばいいの?《世界に生きる子どもたち》 / マララさん こんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ

西田 佳子さんのその他の作品

ヤング・シャーロック・ホームズ 8 決闘の河 8 / ヤング・シャーロック・ホームズ 7 盗まれた遺体 / あるけ!ねがいをこめて 子どもたちの権利のためにたたかった女性 マザー・ジョーンズ / ぼくがスカートをはく日 / マララの物語 わたしは学校で学びたい / おたずねもの姉妹の探偵修行(4)クリスマスの暗号を解け!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 教育 > すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》

世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.83

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット