まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ねむねむごろん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねむねむごろん

  • 絵本
作・絵: たなかしん
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねむねむごろん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年04月18日
ISBN: 9784041078846

1歳から
174×174mm・32P

この作品が含まれるテーマ

みどころ

夜、布団に入ったら、どんなポーズになると安心して眠れますか?
横向きだったり、あおむけだったり、
「このポーズじゃないと落ち着かない!」という方もいるのではないでしょうか?
動物たちもお気に入りのポーズがあるようで、
ぞうさんは「ねむねむ どしん」と大きくうつぶせ。
くまさんは「ねむねむ ごろん」とのびのび大の字。
とりさんが「ねむねむ くるん」と首をうずめたら、
うさぎさんは「ねむねむ こてん」と顔を隠してスヤスヤ。
読んでいくと、どんどんどんどん心地よい気持ちになってきて、
いつの間にかお布団にころんと横になってしまいそう。

たなかしんさんは、海の砂を用いた独特の画法で、『クークーグーグー』をはじめ、数々の絵本を手掛けています。
最後のページには意外なネタバレも?
気づいたらまたすっきりした気分になって、ぐっすり眠れそうです。

(木村春子  絵本ナビ編集部)

ねむねむごろん

ねむねむごろん

出版社からの紹介

ぞうさんが ねむねむ  どしん
くまさんが ねむねむ  ごろん
とりさんが ねむねむ  くるん
りすさんが ねむねむ  ころん ころん ころん……

どうぶつたちといっしょにあくびをしたら、「どしん」「ごろん」と”ねむねむポーズ”をまねしてみてください。
自然と横になり、子どもたちはだんだんうとうと…眠りを誘います。

海の砂で描かれた、あたたかくて優しい、おやすみ絵本です。


ねんねって気持ちいいよ。ねんねって温かいよ。
眠るのがちょっぴり苦手な赤ちゃんも、ねむねむごろんとしたくなる。そんな安心が伝わる絵本です。
――NPO法人赤ちゃんの眠り研究所代表理事/茨城キリスト教大学文学部児童教育学科助教 清水悦子

ベストレビュー

おやすみなさい

全ページ、お試し読みで読みました。
ベッドに入って、何冊か今日の絵本を読んで
一番最後の絵本はこれですね。
みんな、もう目を開けていられないくらい眠そうです。
眠る時の擬音語が色々出てきます。
まねっこして、目を閉じれば眠ってくれるかな?
(capellaさん 70代以上・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たなかしんさんのその他の作品

お姫様の美肌図鑑 / うたえなくなったとりとうたをたべたねこ / クークーグーグー / ガマ王子vsザリガニ魔人



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

ねむねむごろん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット