宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
そりあそび ばばばあちゃんのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そりあそび ばばばあちゃんのおはなし

  • 絵本
作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年10月
ISBN: 9784834012705

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

冷たい雪の日。森の動物たちが寒い寒いとふるえているのを見て、ばばばあちゃんはいった。「いい若いもんが、だらしないねえ。寒い日の特別なあったまりかたを教えてやるよ」

ベストレビュー

素敵なそり遊び

雪が降る寒〜い寒〜い一日のお話しです。

ストーブに当たって編み物をしていたばばばあちゃん。

そこに次から次に動物たちがやってきます。

みんなはストーブに当たってばかりで外で遊ぼうとしません。

今の子供たちも寒い日はこんな感じですよね。

私も寒い日は外になんて出たくないと思っていました。

でもこの本を読んで冬の本当の温まり方を
教えてもらった気がします。

体を動かせば体が温まる。
昔の子達はこうやって冬を楽しんでいたんでしょうね。

この本を読んでから冬を楽しもうと思いスキーをはじめました。

毎年冬にはスキーで体を温め、冬を楽しんでいます。
(ミトミさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子7歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かわうそモグ
    かわうそモグの試し読みができます!
    かわうそモグ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    モグとアオメは、カワウソの兄弟。ウナギを食べようと女の子に変身したモグですが…。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

さとう わきこさんのその他の作品

ばばばあちゃんの クリスマスかざり / あめのち ゆうやけ せんたくかあちゃん / ばばばあちゃんのおはなし10冊セット / うみのおまつりどどんとせ / 復刊絵本セレクション 3 たぬきがいっぱい / のいちごつみ ばばばあちゃんのおはなし



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

そりあそび ばばばあちゃんのおはなし

みんなの声(69人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット