話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
移動するものたち

移動するものたち(小学館集英社プロダクション)

谷川俊太郎さん推薦! 黒い夜の森を捨て、旅に出る動物たち……移民の旅の現実を描くサイレント絵本

  • 泣ける
  • 学べる
どろぼうがっこう ぜんいんだつごく

どろぼうがっこう ぜんいんだつごく

  • 絵本
作: かこ さとし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年09月17日
ISBN: 9784032062502

32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


ワークショップレポート&編集者インタビュー!

▼ 絵本とあわせて欲しい♪「からすのパンやさん」や「だるまちゃん」、「どろぼうがっこう」など。
>>かこさとしグッズはこちら

みどころ

続きを読む
どろぼうがっこう ぜんいんだつごく

出版社からの紹介

ロングセラー『どろぼうがっこう』のつづきのお話。くまさか先生と生徒たちは、刑務所からの「だつごく」の計画をたてます。

ベストレビュー

ゆかい!!予想外の展開でした

最初に刑務所の一日の流れが説明されていて、わかりやすくて良かったです。


そして、脱獄・・・。本当に脱獄しちゃうの!?大丈夫?とページをめくっていたら、まさかの展開に なるほど〜!! と納得。
さらにさらに、またまた予想外の展開にすっかり騙されてしまいました。

さすがかこ先生♪おもしろかったです。
次はどうなるのかなって、ページをめくるのがわくわくした作品に、久しぶりにあいました。


くまさか先生のあの仕草、なんだあ、単に風邪をひいただけなのか(^^;)と拍子抜けしちゃいましたが。


評価は☆五つとしましたが、これは私の評価。
実は息子は怖がってしまい(ビビりな息子です)もう絶対に読みたくないって。
なぜかというと、くまさか先生が
「よあけまえに くびをしめて おとなしくさせるから」
「いうことをきかなかったら はなのさきを ちょっときっても よろしい」
と言ったからです。 
くびをしめて や はなのさきをきる というのが、彼にはとても怖いようでした(^^;)
一応、こういう感想もありました ということで、書いておきますね!
(ぷうさんのはちみつさん 30代・ママ 男の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,210円
1,595円
1,100円
1,650円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
440円
550円
638円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

どろぼうがっこう ぜんいんだつごく

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら