もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ」 みんなの声

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ 文:富安 陽子
絵:大島 妙子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年10月05日
ISBN:9784834083668
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,004
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 地獄の極卒、オニガワラ・ケンは、日本中の神様が集まるサミットの仕事で、同僚と出雲へ出張した。会場警備と神様方を正しいゲートへ案内する仕事だが、年に1度の集まりで神様も大興奮、稲佐の浜は殺到する神々で大混乱。ゲートは軽く88番はある。(正確な数は不明)
    やってくるのは神様だけではなかった。「へんなやつ」を中に入れないように、通行禁止の上空に勝手に入ってくるものに注意しないといけないし、反則気味の行為に驚きながらも果敢に戦う、地獄代表、オニガワラ・ケン(と、相方のオニジマ氏)きばってます。

    怒涛のお出迎えに、変な神様たち。見どころ満載の36ページ。関西弁のユーモラスな語りと、大胆かつ繊細で痒いところに手が届くナイス☆ギャグ満載の絵が、気分を明るくしてくれます。何があっても、大丈夫だから、明日から元気に頑張ろうと思える、すごいパワーを持ってます。(当社比)

    仕事に疲れ切った大人が読んでも、結構いい癒しになるのではないかなぁ。この世もあの世も、神様の世界も大変だから、自分だけ可哀そうとか、思わないで、「そんなもんか、しゃーないな」と、いい意味で諦めて先に行けるかも。

    ちなみに、一番態度が悪いのは、鬼でも妖怪でもなく、結構メジャーな神様たちでした。モンスター。

    投稿日:2019/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神さまの中に鬼ふたり

    神さまたちの集会に「出張」する鬼という発想に驚いたのですが、にぎやかに登場する神さまたちには圧倒され続けました。
    ちょっと雑然とした絵本ですが、子どもウケはするのでしょうね。
    自分としてはあまり入っていけませんでした。

    投稿日:2019/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • た、大変そう!

    オニジマさんは、出雲へ出張。
    会場整理のお仕事なんですが、これがまた大変。
    顔はにこにこしていても、意外と頑固に我先に行きそうな神様達を正しいゲートへと誘導。
    一見、神様の襲来を攻撃している鬼の集団に見えてしまいますが(笑)、見ているだけで何だか疲れてしまいます・・・

    でもラストで、鬼さん達も一緒になって楽しんでいたので、案外楽しい役目なのかも?と思い、ちょっと安心してしまいました。
    オニのサラリーマン、大変ですね。

    投稿日:2019/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出張!

    小学校2年生のむすめが一人読みしました。
    ちょうど小学校の国語で「泣いた赤鬼」をやったばかりなので(お話の志向はちょっと違いますが)、鬼の話に惹かれたようです。
    こちらは、「鬼のサラリーマン」。イラストもインパクトがありますね!
    実は鬼の世界もこんなふうになっているのかも!?
    絵本の醍醐味のような面白い1冊に思いました。

    投稿日:2019/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • オニのサラリーマン”オニガワラ・ケン”、じごくカンパニーのサラリーマンです。えんまさまのご命令で、はるばる出雲へ”神さまサミットのお手伝い”に、出張です。
    ”ドン ドン ツクドン ドンツク ドン!
     ドン ドン パパドン ドンパパ ドン!”
     響きだすのは、神つどいの 迎え太鼓。
     「なんや!? この ぐっとくる リズムは!」
     「うーん、ツノが ムズムズするぅ!血が騒ぐ!もう辛抱 たまら ん!」風神さんに、雷神さん、オニが踊ればみな踊る。妖怪さん も、神さんも、一緒に踊れば、みな兄弟。

    サミットのお手伝いは、しっかりやってました。”出張終われば、閻魔様、ボーナスどうぞよりしゅうに!”納得!納得です(笑)

    投稿日:2018/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 立派な仕事っぷり

    オニのサラリーマン、

    見事に仕事を全うしてました。

    出張で出雲まで行き

    全国神様サミットの開場警備を

    する仕事です。

    いろんな神様がでてきます。

    どれがどれか名前を言い当たるのも

    おもしろいと思います。

    前作も読んでみたいと

    思います。

    投稿日:2018/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 7歳と11歳のお気に入りの絵本の続編!ってことで
    家族大喜びで読みました。
    うちの夫も前職は出張ばっかりだったので
    子供たちは、鬼の出張に興味津々。
    で、どこに行くのかと思ったらなんと
    出雲!しかも10月!出雲だけが神有月。
    神様の会議の警備に、地獄勤務の鬼が
    駆り出されるっていう絶妙な設定。
    さすが富安さん!
    そこでの神様たちとのやり取りもまた面白い!
    10月の読み聞かせにぜひおすすめしたい絵本です。

    投稿日:2018/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『オニのサラリーマン』続編です。
    鬼のお話ということで、節分に読みたいところですが、
    実は、神無月(10月)もとい、神在月のエピソードですから、
    その頃に取り上げたいものです。
    ご存知、鬼のおとうちゃん、オニガワラ・ケンの、サラリーマン出張奮闘記。
    出張先は、神様が集まる出雲、任務は警備という訳ですね。
    神無月と言われる10月ですが、出雲では逆に神在月。
    おお、直行便も、出雲神話にちなんだ「ヤマタノオロチ」号。
    造形もきちんとその容姿(8つの頭と8つの尾)を伝えていますね。
    八百万の神、と言われるように、たくさん描かれた神々はかなり本格的です。
    もちろん、紛れ込んだ外国の方々も、ネタ満載で笑えます。
    あしらい方もお見事です。
    そこここのサブストーリーをじっくり味わってほしいです。
    私的には、出雲で外せない勾玉ネタを、裏表紙で発見し、嬉しかったです。
    家族愛もしっかり描かれ、主人公の人柄も伺えます。
    富安陽子さんならではの、神々、鬼、妖怪などのキャラクターに、
    こなれた関西弁、敬服いたします。
    小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2018/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しめた

    息子は怖がりですが、こちらの絵本はちらっ、ちらっと見ていました。
    年齢的に見れるようになってきたのでしょうか・・・。

    前作があるのを知らずにこちらを借りてしまったのですが、母親である私はなんとなくは楽しめました。
    息子にはちょっと難しかったかも?

    サラリーマンの悲哀が出ていて、いいですね。

    投稿日:2018/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出雲出張のお話

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    鬼のサラリーマンが、出雲へ出張に出かけます。子どもたちに見送られて出雲に向かい、神々の案内などの仕事をする鬼の姿を描きます。
    前作がおもしろかったので、読んでみました。前回の方が、地獄の様子がわかったり、鬼のサラリーマンの日常生活が垣間見えたりして、‘鬼っぽい’感じだったかもしれません。今作では、たくさんの神様が出てくるところが魅力でしょうか。文章もリズムがあって、楽しかったです。娘もおもしろかったと言っていました。

    投稿日:2017/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット