あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
あまいね、しょっぱいよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あまいね、しょっぱいよ

  • 絵本
絵: ふくだ じゅんこ
出版社: グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784906195558

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

 感覚に訴える絵本のシリーズ、「におい」の次は「あじ」。これはもっと直接的でわかりやすいですね。
絵も明快。おいしそうな食べ物の絵に、それを食べるこぶたくんの「あじ」を感じる表情。貼り絵だけどなぜかとってもリアルな、面白い魅力です。
 代表的な味覚「あまい、からい」から始まって、「つるつる、ぱりぱり、ねばねば・・・」色んな刺激が重なった味覚へと続き、最後は感情に左右される味覚というのも示唆されていたりしてなかなか充実した内容。味覚、というのは毎日の食事の中で赤ちゃんの頃から感じているはず。しゃべれない赤ちゃんは食べた後の顔の表情だけで「あつい!」とか「すっぱい!」とか訴えかけます。その表情をよく観察して考えながら毎日の食事を作っていくお母さん。そう考えると、子供の食べる時の表情が豊かなのは当然なのかも!
 そういう訳で、小さな子でもすぐに読んでいる人と一緒に盛り上がるはず。だんだん理解できる味覚も増えていき、今度は日によっておいしく感じたりまずく感じたりする日もでてきたりして・・・。成長と共に大人との共感部分が増えていくのかな。逆に子供の新鮮な味覚の感じ方に教えられたりもして。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

あまいね、しょっぱいよ

出版社からの紹介

甘い、すっぱい、からい、
という味覚から、
歯ごたえや雰囲気によっても
味が違うことを、
実際の体験の中から
呼びさましていきます。

ベストレビュー

味を想像しよう!

感覚をフルに使って楽しむ絵本のシリーズ
「The Book of Sense」の1冊。
味覚バーション。
このシリーズは、新しい絵本の世界だなと思います。

このシリーズ、4冊とも、絵は力があるし、とても、いいです。
他の3冊もおすすめです。
(かっこからんこさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ふくだ じゅんこさんのその他の作品

とらんぽりんぽーん / ちょきちょきブロッコリーさん / とりかえっこ とりかえっこ / ケッセラセラいちざ / おつきさまはまあるくなくっちゃ! / たまごサーカス



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

あまいね、しょっぱいよ

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.49

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット