もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
いいことってどんなこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いいことってどんなこと

  • 絵本
作: 神沢 利子
絵: 片山 健
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年01月
ISBN: 9784834017298

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

早春、北の国では雪溶けがはじまり、小鳥がうたい川の水も元気に流れはじめ、風がふき、リスたちも雪の上をとびはねます。
 女の子は、軒下に落ちる雪どけ水のしずくにたずねます。「しずくさん、しずくさん、どうしてそんなにうれしいの」しずくは答えます。「いいことがあるからよ。いいことがあるからよ」「いいことってどんなことかしら」と思いながら女の子は外に出て、小鳥たちに、川の流れに、春の風に、そしてリスたちに同じように訪ねます。でもみんな「いいことがあるからよ」としか教えてくれません。
 「いいことってどんなことかしら」女の子はリスを追いかけていきますがころんでしまいます。「みんな自分ばかりうれしそうにして……」-その時、雪の下からかすかな水音が聞こえ、そこの雪を掘ると……。

ベストレビュー

子どもの気持ち

リズミカルな文章が詩のようで素敵です。
女の子が雪の降るなか、自然や動物の声に耳を澄ませて、いいことってどんなことだろうと好奇心を持って探すのが子どもらしく楽しいです。
自然の声に耳を澄ませるって良いなと改めて感じさせてくれる感性が豊かになりそうな絵本だと思います。
(えりこママさん 20代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / さるとかに / さんびきのくま / くろねこトミイ / おばあさんのひっこし / やさいのともだち

片山 健さんのその他の作品

とんねるをぬけると / あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの / ぼくからみると / とくんとくん



遊びながら芸術に親しむ!タメになる探しもの絵本

いいことってどんなこと

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.21

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット