貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
4にんのこえがきこえたら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

4にんのこえがきこえたら

  • 絵本
作: おのりえん
絵: はた こうしろう
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「4にんのこえがきこえたら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784577034415

5歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

個性豊かな4人の兄弟、仲がいいのか悪いのか朝から晩まで大騒ぎ。「けんかするなら外でして!」とうとうお母さんに追い出され…。

ベストレビュー

泣き出したくなってしまいそうな夕焼け

 やはりはた先生の夏をテーマとした作品は、絶品ですね。
 抜けるような青い空、咽せ返すような新緑の緑色、あまりにも美しく泣き出したくなってしまいそうな夕焼け、ページを開くたびにため息です。
 さて、おかしきさんちは、夏も大変そう。
 座るだけでも場所取りあって、ぶった!押した!蹴った!の大騒ぎ。
 たまりかねて、とうとうお母さんも叫びます。
 「けんかするなら そとでして!」
 外へ出された四人は、どっかへいくことに。
 でも、行きたいところがみんな違った。
 こっちとそっちとあっちと、それからむこう。
 四兄弟思いのままに単独行動。
 一人ですてきな夏の遊びに興じます。
 一人っていいなと思いつつも、共感してもらえる相手がいない。

 家へもどってからの、報告会がかわいらしい。
 “かわりばんこ”って、言葉にクスッとしてしまいました。
 でも、翌朝の喧噪を見て、大笑いです。

 見返しの写真のような草原も素敵でした。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おのりえんさんのその他の作品

ぼくのドラゴン / てんこうせいはワニだった! / 虫愛づる姫もどき / 虫のお知らせ / 虫のいどころ 人のいどころ / みんなくるくる、よってくる

はた こうしろうさんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / プレゼントは魔法のほうき / おおきなドーナツ / えほん図鑑 へんてこ!みずのぜつめつどうぶつ / なのだのノダちゃん まほうの自由研究 / おうちのものなあに



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

4にんのこえがきこえたら

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット