すえっこメリーメリー すえっこメリーメリー
作・絵: ジョーン・G・ロビンソン 訳: 松野 正子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
「思い出のマーニー」原作者が描くハッピーな女の子、メリーのおはなし!
【読書のクセをつけたい】とお考えのお母さんへ 定期購読「絵本クラブ」はプロの選んだ良書をお届けしています>>>
みんなうんち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなうんち

  • 絵本
作・絵: 五味 太郎
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

作品情報

  • マイ絵本棚に追加する
  • この絵本のレビューを書く

発行日: 1981年02月
ISBN: 9784834008487

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

2〜3歳 編集部おすすめ

大きいぞうは、大きいうんち。
小さいねずみは、小さいうんち。
さかなも、とりも、むしだってうんちします。
いろんな動物が、いろんな形、いろんな色、いろんなにおいのうんちをします。
いきものは食べるから、
みんなうんちをするんだね。

子どもにとって興味のある、そして大事な「うんち」をユーモアいっぱいの絵本にしました。「いきものはたべるから、みんなうんちをするんだね」というお話。

こどものころ好きでした

私自身、子どものころよく読んだ本です。
シンプルな言葉、味のある絵がおもしろくて、
夢中になりました。

色んな動物のうんち。
いろんなかたち、におい、いろ・・・・
ユーモアを交えながら、
最後は、「食べるからうんちをする」と学べます。

息子は、ひとこぶらくだの「それはうそ!」というところが好き。
自分のうんちにも興味を持って見たがったりすることも
あるので、色々な動物のうんちがでてくるところは
不思議そうにじっと見ていました。
それでも終わると何度も「もういっかい!」。
気に入ったようです。


「決まったところでうんち」でヒトがでているのは
分かるけれど、なぜたぬきなんだろう?と子どもの頃
思っていましたが、大人になってから
タヌキが特定の場所に糞をするという習性を知り、
なるほど!と納得しました。

単独でも十分楽しめますが、
食べ物の本を読んだ後につなげたいと思いました。



(空色のかわうそさん 30代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / あそんでゆこう / あるいてゆこう / さる・るるる・る / あっ・ほっ / どこまでゆくの?



「ブルンミとアンニパンニ」シリーズレビュー大募集!

みんなうんち

みんなの声(159人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?





この作品をあなたのブログに掲載しませんか?

お好きなレイアウトを選んでテキストエリアのHTMLコードをコピーして自分のブログに貼り付けてください。

ノーマル(小)

みんなうんちみんなうんち
作・絵:五味 太郎出版社:福音館書店絵本ナビ

ノーマル(大)

みんなうんちみんなうんち
作・絵:五味 太郎出版社:福音館書店絵本ナビ

シンプル(小)

みんなうんちみんなうんち絵本ナビ

シンプル(大)

みんなうんちみんなうんち絵本ナビ

全ページためしよみ
サイン本販売中