ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ようこそ森へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ようこそ森へ

  • 絵本
作: 村上 康成
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ようこそ森へ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2001年04月
ISBN: 9784198613440

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞 カケスの住む森にやってきた家族。テントを張ってたき火をおこし、星を見ながらごはんを食べるんだ。ここは本当にいいところ…。キャンプ生活の楽しみをカケスの視点から描いた画期的な作品。森のすがすがしさが伝わってきます。

ようこそ森へ

ベストレビュー

今すぐキャンプに行きたくなっちゃいます。

ピーマン村シリーズ等、中川・村上コンビの絵本はたくさん読んできましたが、村上さん自身が絵も文もかかれた絵本は、また違った魅力がありますね。

森へキャンプにやってきた人間へ、森の住人のカケスからのメッセージという形で書かれています。
カケスの目から見た構図で描かれた絵がおもしろいです。

私たちもキャンプ大好き家族なので、あの感動がリアルに伝わってきて、夏休みが待ち遠しくなりました。
真っ暗な中で炎の灯りが照らす家族の顔(そう、普段とは違った実にいい顔なのです!)、いつもよりずっと早く眠りについた子供たちを起こさないように、コーヒーを飲みながら静かに語る夫婦の時間、そう空を見上げるとスーっと流れていく星、虫取り、川遊び、魚つり・・・などなど。
ああ、もうがまんできない。今すぐキャンプに行きたくなっちゃいました(笑)。

でも、忘れちゃいけないのは、カケスからのメッセージです。
森を汚したり、壊したりしない人たちだけを、歓迎してくれるのですから・・・。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

村上 康成さんのその他の作品

きょうはたんじょうび / 新版 星空キャンプ / だちょうさんのたまご / しろいちょうちょがとんでるよ / おもち! / なつはひるね



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

ようこそ森へ

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット