しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
てがみをください
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てがみをください

  • 絵本
作: 山下 明生
絵: むらかみ つとむ
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,300 +税

「てがみをください」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1975年
ISBN: 9784580813946

幼児から小学校低学年向き
全国学校図書館協議会選定図書
日本図書館協会選定図書
厚生省中央児童福祉審議会推薦文化財
全国学校図書館協議会緑陰図書

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

赤いゆうびん箱にもぐりこんだ一匹のカエル。どうすれば手紙がくるのかおしえてもらい、おそわったとおりに…。けれども、手紙はひとつもこない。手紙をください!

てがみをください

ベストレビュー

いちじくのはっぱ

以前国語の教科書に掲載されていたようで、
知人が、お子さんの音読の宿題で聞いて涙した、と評されていたので
読んでみました。
「ぼく」の郵便箱にある日居候始めたかえる。
「ぼく」は自分宛の手紙を取り込んでいるカエルに文句を言いますが、
カエルが手紙をもらいたいと思っていることを知り、
助言するのですが・・・。
ちょっとした勘違いで、「ぼく」もカエルも、願いがかなわずじまい。
ちょっぴり切ない余韻が残ります。
登場するハガキが、昔仕様の20円切手、5桁の郵便番号。
タイムスリップしたような気分です。
舞台である郵便箱が、イチジクの木にあり、
今住んでいる土地はイチジクが特産で身近なだけに、親近感がわきました。
緑色のイチジクの葉っぱに、緑色のカエル、その単色の色彩が鮮やかです。
村上さんの描く個性的な絵が、物語にぴったりですね。

(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山下 明生さんのその他の作品

だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく / ドングリさがして / 長新太の島・かいぞくオネション

むらかみ つとむさんのその他の作品

あいさつのえほん おはよう さよなら ありがとう / あぶないあぶない / あいうえおてがみ / いまなんじ / もじのえほん かたかなアイウエオ / かたちのえほん まる・さんかく・しかくさん



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

てがみをください

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット