新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ねずみのおいしゃさま

ねずみのおいしゃさま

  • 絵本
作: 中川 正文
絵: 山脇 百合子
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1977年4月1日
ISBN: 9784834005134

出版社のおすすめ年齢:3歳〜

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

おはなし

雪の降る冬の夜、ねずみのお医者さまのところへ「坊やが風邪で熱を出したのですぐ来てください。」とりすさんからの電話が・・・。
大雪の中、スクーターで出かけたお医者さま。でも、すごい吹雪のため雪だるまのようになり、スクーターも動かなくなってしまいます。凍えそうになったお医者さまはかえるさんの家を見つけ、一休みしようと中に入りますがみんな冬眠中!そして、ストーブの側で休むうちぐうぐう眠ってしまいました。
朝、目を覚ましたお医者さまが外へ出るととっても良い天気。
大急ぎでりすさんの家へ行くと、夕べの雪で冷やし熱の下がったりすの坊やはすっかり元気になっていました。
そして、雪に濡れたお医者さまの方が風邪をひいてしまったんですよ。

みどころ

今は、往診をして下さるお医者さまって数少なくなっているんでしょうね。大急ぎの往診のはずなのに、のんびりゆったりとした懐かしい感じのするお話しです。
それもそのはず、45年も前に発表されたお話しなんですね。
その時は違う方が絵を描かれていたようですが、山脇百合子さんの細かいところまで描かれたこの絵本は、今でも子どもたちに人気のある一冊です。
――(ひじり あい ;絵本ナビ オフィシャルライター)

出版社からの紹介

ねずみのお医者さまは、病気になったりすのぼうやの家へ、大雪の中をでかけました。ところが……。ちょっとそそっかしくて愉快なお医者さまの話です。

ベストレビュー

世界標準はこれくらいかも

2歳の息子は「おいしゃさん」に興味津々なので、とても熱心に聞いていました。彼には、好きなおいしゃさん(喉を見たり聴診器をあてるくらいしかしない小児科の先生など)と、嫌いなお医者さん(鼻水吸引とか耳あか取りとか不快な診察が多い耳鼻科の先生など)がいて、「おいしゃさん」というと「どっちだ?」と身構えるのです。

これを読んで、おいしゃさんにもいろいろ事情があるんだ!と分かったみたいでびっくりした様子でした。

子供が熱を出しているのに寝てしまうなんて!というご意見も多いようですが、往診で見る程度の診察ではどっちみち大したことは期待できないのではないでしょうかね。この絵本くらいが実は世界標準なんじゃないかと大人の目線から見てしまいました。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

3,080円
3,080円
1,320円
1,034円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
440円
4,730円
715円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ねずみのおいしゃさま
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら