アザラシのくる海 アザラシのくる海
作・絵: マイケル・フォアマン 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
岩のあいだに何か動くものを見つけた……アザラシだった。少年とアザラシの不思議な友情。
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

友情
少年の足が不自由なのは、問題にしていな…
あの絵本作家さんが、1冊ずつ直筆でサインを書いてくれました・・・貴重な著者サイン本、数量限定販売中!
エルマーのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

エルマーのぼうけん

  • 児童書

作品情報

  • マイ絵本棚に追加する
  • この絵本のレビューを書く

絵本クラブ
発行日: 1963年07月
ISBN: 9784834000139

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から
ページ数:128
サイズ:22X16cm

7〜8歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

 これは僕の父さん、エルマーのお話です。エルマーがまだ小さかった頃、ある冷たい雨の日に年取ったのら猫に出会いました。エルマーはのら猫から、どうぶつ島に捕らえられているかわいそうなりゅうの子の話を聞き、助けに行こうと決心します。リュックの中に、チューインガム、桃色の棒付きキャンディー2ダース、輪ゴム1箱、黒いゴム長靴、磁石1つ、虫めがね6つ、違った色のリボン7本、「クランべり行き」と書いた大きなからの袋……などなどをつめて、猫といっしょに船の待っている港に向かいました……。

 子供の冒険心をくすぐる、ワクワクドキドキが連続の幼年童話。見返しに描かれたどうぶつ島、みかん島の地図が、「エルマーといっしょに出かけよう!」と言わんばかりに物語の世界に誘います。この地図にはエルマーの足跡が簡潔な説明文で併記されていて、お話のできごとを確認しながら読み進めると、読者もいっしょにどうぶつ島を訪ねているかのような疑似体験が味わえます。
 優れた物語は関連性を持たせた構想・設定が展開の中で効果を発揮しますが、この作品の場合、読者を魅了するキーはエルマーがリュックにつめた持ち物の数々。まるでジグソーパズルのピースがぴたりと合うように、偶然に持ち合わせたはずの物がそれぞれの窮地でおもしろおかしく用いられ、本作品の人気の理由を明かします。また、登場する動物たちの個性的な口調は、物語を演出する格好のスパイス。りゅうの子は青と黄色のしま模様で、このカラフルな視覚イメージは子供心をくすぐる要因になっています。
 エルマーはりゅうの子をどのように助け出すのか……、いっしょに冒険に出発です!
――(ブラウンあすか)

動物島に捕えられているりゅうの子を助けるため、エルマーは冒険の旅にでかけます……。広がる空想、ユーモア、リアリティー。幼年童話の最高峰の一つとして読みつがれています。

9歳の男の子エルマーは、親しくなった野良ネコから、“どうぶつ島”で野蛮な動物たちのとりこになっている、かわいそうなりゅうの子どもの話を聞いて、助けにいくことにしました。家を抜け出して船に忍び込み、“どうぶつ島”についたエルマーは、トラやサイやライオンなど獰猛な動物たちにつかまりそうになりますが、そのたびに機転を利かせて危機を切り抜け、ついにりゅうの子を助け出しました。

友達のよう

6歳の誕生日にプレゼントし、夜寝る前に、1章だけ読み聞かせてあげました。そして本棚に並べ、あとは知らんぷりと決めました。

寝る前の読書が親子の習慣です。
この頃息子のお気に入りはもっぱら「図鑑」の類。物語には興味を示さないかな、とも思っていたのですが、何日か後に、黙々と「エルマーのぼうけん」を読んでいる息子の姿が。

そして数日後、「おもしろかったー!」と満足しきった笑顔で読み終えていました。

「ママ、エルマーがね」
と、まるで「今日保育所で誰々くんがね」と教えてくれるのと同じような調子で、本の主人公がしたこと、言ったことを教えてくれます。

今の息子にとって、自分に近く、友達のような存在に感じられたのでしょう。
6歳の男の子って、自分だってすぐにもすごい冒険に出発できると信じているようなところがありますね。

一度読み終えた後も、時々本棚から取りだしては、気に入ったところを読み返しているようです。

絵本から、文章が主体の本への移行期に出会う本は、子供にとって大きな意味をもつような気がします。
本っておもしろい、と心から思えるような経験を積んでほしい。そんな思いにこたえてくれる、すばらしい作品です。
(ころぼっちさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • ミラクル ゴール!
    ミラクル ゴール!
    作・絵:マイケル・フォアマン 訳:せな あいこ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    ある日の試合、ぼくはゴールをきめた。その日から……

ルース・スタイルス・ガネットさんのその他の作品

エルマーのぼうけんすごろく / 愛蔵版 エルマーのぼうけんセット / ポケット版 エルマーのぼうけん全3冊セット / ポケット版 エルマーのぼうけん / ポケット版 エルマーとりゅう / ポケット版 エルマーと16ぴきのりゅう

ルース・クリスマン・ガネットさんのその他の作品

福音館文庫 ミス・ヒッコリーと森のなかまたち / My Father’s Dragon(エルマーのぼうけん) / エルマーと16ぴきのりゅう / エルマーとりゅう / エルマーのぼうけんセット

渡辺 茂男さんのその他の作品

どうぶつたちのおかいもの / むらの英雄 / ジャックとまめの木 / たいへん たいへん / へんなどうつぶ / センダックの世界 新装版



かこさとしさんの「だるまちゃん」シリーズの魅力に迫る!編集者インタビュー

エルマーのぼうけん

みんなの声(125人)

絵本の評価(4.84

何歳のお子さんに読んだ?





この作品をあなたのブログに掲載しませんか?

お好きなレイアウトを選んでテキストエリアのHTMLコードをコピーして自分のブログに貼り付けてください。

ノーマル(小)

エルマーのぼうけんエルマーのぼうけん
作:ルース・スタイルス・ガネット / 絵:ルース・クリスマン・ガネット / 訳:渡辺 茂男出版社:福音館書店絵本ナビ

ノーマル(大)

エルマーのぼうけんエルマーのぼうけん
作:ルース・スタイルス・ガネット / 絵:ルース・クリスマン・ガネット / 訳:渡辺 茂男出版社:福音館書店絵本ナビ

シンプル(小)

エルマーのぼうけんエルマーのぼうけん絵本ナビ

シンプル(大)

エルマーのぼうけんエルマーのぼうけん絵本ナビ

全ページためしよみ
サイン本販売中