ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
たこのななちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たこのななちゃん

  • 絵本
作・絵: なかがわ ちひろ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1997年
ISBN: 9784198606930

5歳から
32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ななちゃんは、遠い海からやってきた、たこの子です。
けがをして足が7本だったので、かなこが「ななちゃん」という名前をつけました。
かなことななちゃんは、いつもいっしょのなかよしでしたが、ななちゃんの元気がなくなってきて…。
ゆかいでちょっぴり哀しい、忘れられないお話です。

ベストレビュー

たこのななちゃんへの思いやりを感じます

最近、私が気に入っている作家さんです。
まず、絵がかわいい。色彩がきれい。
新着の感想で、たこのお話の絵本が紹介されていましたが、
こちらのたこのお話もおすすめです!

かなこのおとうさんは船乗りの船長さん。
夏休み、スクリューに挟まれて足を一本なくした、たこの子
をお土産に。
七本足なので、ななちゃんと名付け、かなことななちゃんは
大の仲良しになった。2学期が始まって、寂しがるので
学校へも一緒に行き、七本足を器用に使うので人気者に。
季節は過ぎ、ななちゃんが海へ帰りたがっているのを
認めたくなかったけれど、かなこはおとうさんに、
「ななちゃん、おうちにかえりたいんだって。つぎのおふねで
つれてってあげてね」と、思い切って言います。

ラストは寂しく終るのではなく、嬉しい事がありました・・・

人物の動きがとても細やかに描かれていて、
絵に手書きでセリフが書いてあるのを読むのも楽しいです。

給食・運動会・遠足・なわとびなど、学校行事に沿って
お話が進んでいくので、子供も共感を得たようです。

(♪ナナコ♪さん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

なかがわ ちひろさんのその他の作品

きょうりゅうたちのいただきます / にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち / ぶきみなよるのけものたち / ソーニャのめんどり / きょうりゅう きょうりゅう ミニブック(ボードブック) / ことりのおそうしき



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

たこのななちゃん

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット