すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
かたあしだちょうのエルフ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かたあしだちょうのエルフ

  • 絵本
文・絵: おのき がく
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1970年10月
ISBN: 9784591005361

幼児〜小学初級向
1971年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書<小学校>
全国学校図書館協議会第21回選定「よい絵本」

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

○あらすじ
わかくてつよくてすばらしく大きなだちょうのエルフは、草原にすむ動物の子どもたちの人気者でした。
ところが、ある日、子どもたちをまもるためにライオンとたたかって、たいせつな片足をなくしてしまいます。
はじめのうちこそみんなしんぱいして、食べ物をとどけてくれたりしましたが、日がたつにつれてなんとなくわすれられていき、エルフはひとりぼっちになりました。
そんなとき、こんどはくろひょうがおそってきたのです。
エルフは、にげおくれた子どもたちをせなかにのせると、さいごの力をふりしぼり、くろひょうにたたかいをいどみました。
そして・・・。

○編集部より
アフリカの草原にたつ1本の木の写真からイメージされたという、動物たちの世界。そのなかに生きるエルフとなかまたちの物語が、うすい茶と黒を基調にした木版画で、生き生きと力強くえがかれ、ほんとうのやさしさとは何かをうったえかけてきます。刊行とともに多くの人の共感をよびました。

ベストレビュー

エルフの優しさに感動!

お話の始まりが とても流ちょうで きれいなので 声を出してスラスラとお話を読み進めていました

おのぎ がくさんの版画が優しく また迫力があって 作者の心に秘めたパワーを感じました
エルフとは アフリカのことばで千のことなのも 初めて知りました。

前にエルフの本は読んでいたのですが こういう意味があって エルフというと言う名前がついているんですね

子供が大好きなエルフの優しさに  みんなが信頼しています

 ジャングルは平和ばかりではありません ジャッカルや ライオン くろひょうと 立ち向かってみんなを守ろうとする エルフ!

エルフのこの優しさと パワーはどこからわいてくるのでしょう!!

なかなか 私たち人間にはまねのできないことです。

 エルフの優しさに感動しながら読みました 

なぜ かたあしだちょうのエルフになったのか・・・・・・
 

高学年の子供たちに是非読んで欲しい本です!

大人が読んであげるのも 良いと思いますが 自分で読んだらまた感動が違うように思います。
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おのき がくさんのその他の作品

(大型絵本)かたあしだちょうのエルフ / しらさぎちょうじゃ / おんどりと二まいのきんか



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

かたあしだちょうのエルフ

みんなの声(70人)

絵本の評価(4.82

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット