あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おおさむ こさむ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおさむ こさむ

  • 絵本
作・絵: こいで やすこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784834021455

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

「きつねのきっこ」シリーズの3作目。ある雪の日、いたちのちいとにいと一緒に外へ遊びに出かけたきっこの前に、ふたつのゆきだるまがあらわれます。一緒に遊び始めると・・・。

ベストレビュー

きっこちゃん冬のおはなし

「おなべおなべにえたかな」ですっかりきっこちゃんのファンになってしまい、こちらの絵本も読みました。
きっこちゃん達がそり遊びに出かけるのですが、家を出る前におばあちゃんにゆきぼうずに会ったら凍らされるので決して「さむい」と言わないように注意されます。そしておばあちゃんの作ったマントをはおって、お茶のはいったまほうびんをもらって出かけていきます。
道の途中で可愛らしいゆきだるまと出会ったきっこちゃん達。一緒に遊ぶうちに、徐々に違和感を覚えはじめたきっこちゃん…。最初は楽しく遊んでいたけれど、だんだん雲行きがあやしくなってきてという天候の描写とともにきっこちゃんの心理描写が巧みでした。なんだか怪しいという雰囲気が絵で表現されているのがすごいです!
ベタな展開ではあるのですが、それまでの過程がほんとにうまく表現されていて迫力があります。きっこちゃん達はどうやってこのピンチを切り抜けるのか、ハラハラしましたが最後はきっこちゃんの大活躍によってなんとかおばあちゃんのところまで帰還。スリルがあって読み応えのある1冊で、やっぱりおすすめです。
(えりこママさん 20代・ママ 女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こいで やすこさんのその他の作品

たろうめいじんのたからもの / おいちにの だーるまさん / くさはらだより / おべんともって おはなみに / なっちゃんのゆきうさぎ / あけび みつけた



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

おおさむ こさむ

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット