新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

てのひらむかしばなし うろこだま

てのひらむかしばなし うろこだま

  • 絵本
作: 長谷川 摂子
絵: 下田昌克
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥836

「てのひらむかしばなし うろこだま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784001163643

出版社のおすすめ年齢:3・4歳〜
14.6×18.6cm・上製・36頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

うろこだまは、へびの鱗でできた宝物。
ある日じいさまの大切なうろこだまがぬすまれ、いぬとねこがそのゆくえを追って大活躍します。
東北地方に伝わるゆかいなお話を、いきいきと力づよい絵でお届けします。

てのひらむかしばなし うろこだま

ベストレビュー

美しい言葉の宝庫

絵本ナビからのメルマガの特集をきっかけに、全ページ立ち読み企画で読まさせて
もらいました。昔話というと、個人的には何かこう暗いイメージのものが多い気がして、
知っていて当たり前というくらい有名な昔話以外の読み聞かせは、正直なところ、
これまで消極的でした。でも、この話は違いました!

まず、その語り口に、美しい言葉や表現がちりばめられていて、すっと胸に入ってきます。
なかでも、おじいさんがうろこだまを見つけた時の「ギンカ シャンガひかるもの」、こんな
表現は、今まで聞いたことがありませんでした。でも、そのひかりかたが自分のイメージで
簡単に浮かび上がってきました。

「きんのうろこが “はらり ほらり”と まいにち たまから はがれおちてきた」
「“ずらっ”と にげてしまった」... 他にも沢山ありました。
更に、「めからはなへぬけるりこうもの」という表現の仕方も、この話で教えてもらいました!

そして何よりも、話の展開が面白いです。日本昔話にも、こんなにドタバタな展開をする
ものがあるんですね! この話なら、子供達も飽きずに釘付けで聞くことと思います。

また、心優しいおじいさんのイメージにぴったりな下田昌克さんの絵が、この話を
とても明るく楽しいものにしてくれていて、その気持ちのまま、お決まりの結語の
「どんとはれ」を迎えさせてくれているなと思います。

私みたいに昔話をちょっと敬遠している人に是非、お奨めです。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

946円
1,760円
715円
946円
495円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
1,650円
330円
2,200円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

てのひらむかしばなし うろこだま

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら