貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
宮沢賢治の絵本 虔十公園林
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宮沢賢治の絵本 虔十公園林

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 伊藤 秀男
出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り9

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年10月
ISBN: 9784895881319

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


宮沢賢治の絵本アワード2015

出版社からの紹介

虔十が、ある日杉の苗を植え始めました。馬鹿にする村人たち。木を切れと迫る男。でも虔十は決してあきらめなかったのです。虔十の死後も残った林は、誰が本当に立派だったかを証明するかのように美しく育っていました…。

宮沢賢治の絵本 虔十公園林

ベストレビュー

何とも言えない余韻が続く絵本。

世間の人々は、「少し足りない」と
虔十を馬鹿にして笑いますが、
家族の愛情にしっかりとつつまれた虔十の心は、
優しく、強く、まっすぐに育ちます。

虔十が遺した杉林は、
その後も家族たちに守られ、豊かな遊び場として
たくさんの子どもたちの心身を育みます。

『たれがかしこくて、たれが賢くないかわかりません。』

宮沢賢治の童話は、
いつも心の深いところに響き、
そして時々、読む人の心をチクっと刺しますね。

私がこの絵本を読んで、心をチクっと刺された気がしたのは
きっと私の心のどこかに・・・
「平ニ」のような心が隠れているのを感じたから?

読み終えて絵本を閉じた後も
何とも言えない余韻が続く・・・。そんな絵本です。

絵本ナビの過去のインタビュー、
“ミキハウス「宮沢賢治の絵本」シリーズ『銀河鉄道の夜』 編集者 松田素子さんインタビュー”を読み返してみると
私自身も、宮沢賢治の童話を色々読んでみたくなったし
子どもにももっとたくさんの賢治の世界に触れさせてあげたいと思いました。
(R☆さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

注文の多い料理店 / 貝の火 / ざしき童子のはなし / どんぐりと山猫 / 雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚

伊藤 秀男さんのその他の作品

せつぶんのおに / おにぼう / 日本の神話 古事記えほん【三】 やまたのおろち〜スサノオとクシナダヒメ〜 / げんこつげんたろう / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(12) 古田足日子どもの本 / タケノコごはん



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

宮沢賢治の絵本 虔十公園林

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット