もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あのときすきになったよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あのときすきになったよ

  • 絵本
作: 薫 くみこ
絵: 飯野 和好
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 1998年04月
ISBN: 9784774604299

6〜7歳 編集部おすすめ

年齢別絵本セット&学年別児童書セットの小学1年生向けベストセレクション

出版社からの紹介

おもらしをよくするから しっこさん─
でも、一緒にすごすうち、心がだんだん見えてきて…。


あのときすきになったよ

この人もおすすめしています

【一宮図書館 早川さん】
 おしっこをもらしてばかりいる「きくちさん」は、「しっこさん」と呼ばれている。なんとなくキライな「しっこさん」でしたが、小さな事件をいくつか乗り越えるうちに少しずつ仲良くなります。
小さなイジメやケンカは子どものまわりにたくさんあります。でも仲良しのきっかけもたくさんあると思える一冊です。

ベストレビュー

4年生の読み聞かせで読みました

お話しは1年生の設定ですが、友達関係でちょこちょこトラブルがある4年生のクラスで読み聞かせしました。

やや小ぶりの絵本ですが、飯野和好さんの絵にインパクトがあることや、本の右側に文章が書かれているので読みやすく、読み聞かせ向き、というか読み聞かせを意識してるのかなと思いました。

教室で何度かお漏らしをしたために、ちょっと疎まれている「しっこさん」。「わたし」もなんだか近づきたくなかったけど、クラスの金魚を死なせた男の子に憤慨したしっこさんに共感したときから、二人の距離がどんどん縮まっていきました。

子ども達も、自分達がよく使いそうな言葉が沢山でてきて、ゲラゲラ笑いながら聞いていましたが、「しっこさん」が「わたし」のお漏らしをカムフラージュしてくれた件では、驚きのまなざしを見せてくれました。

「偏見」は相手のことを良く知ろうとしないからもたらされ、それを崩していくのは「共感」であり、「寛容」であるのかなということを、子どもの目線での語り口の中からそっと教えてくれる良書だと思いました。
(にもまみいさん 40代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


薫 くみこさんのその他の作品

ちいさいごみしゅうしゅうしゃ ぱっくん / スパイガールGOKKO / ポプラ世界名作童話(13) 若草物語 / つみつみでんしゃ / だいすきのみかたパンツちゃん / げんきのみかた パンツちゃん

飯野 和好さんのその他の作品

DJ YOYO / ふようどのふよこちゃん おやまはだいじ / スサノオ 日本の神話 / めしくわぬにょうぼう / 灰屋灰次郎 灰はございー / はやくちことばで おでんもおんせん



子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

あのときすきになったよ

みんなの声(72人)

絵本の評価(4.86

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット