新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
くもとそらのえほん
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

くもとそらのえほん

  • 絵本
作・絵: 五十嵐 美和子
監修: 武田康男
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2019年03月18日
ISBN: 9784569788494

出版社のおすすめ年齢:4・5歳〜
幼年・小学初級 A4判変型上製 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

何気なく窓から外を見て、刻々と変わる雲の動きをジーっと見つめてしまったことがある人。
道を歩いていて、向こうからやってくる夕立の雲の切れ目に遭遇した人。
雨上がりに、虹が出ていないか空を確認してしまう人。
そんな方たちの心に、そっと寄り添ってくれるような作品です。

ページをめくる度に雲はその姿を変え、私たちの暮らしの上をゆったりと流れていきます。入道雲、わた雲、ひこうき雲にうろこ雲。
雲の下では、動物園や遊園地、電車を通る都会の街並み、大きな川にかかる橋……人々が日々の暮らしを営んでいることが分かります。
うろこ雲、おぼろ雲、雨雲にひつじ雲……。
読み進めていくと、雲にこんなに様々な形があり、そこにとてもユニークな名前がついていることに驚きを感じます。
読み終わった後、外へ出て、絵本に出てくる雲を探してみたくなる一冊です。

(木村春子  絵本ナビ編集部)

くもとそらのえほん

くもとそらのえほん

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

いろんな雲の絵

雲の名前を知る絵本です。
だいたいこの手の本は写真絵本であることが多いように思うのですが、それぞれが想像のふくらむ絵で描かれていることが素晴らしいと思いました。
科学絵本ではあるけれど、子どもたちにそらを感じて、雲に夢みて、心ゆたかになって欲しいと思います。
(ヒラP21さん 70代以上・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
1,100円
880円
990円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
385円
385円
385円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

くもとそらのえほん

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら