新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
きつねのたなばたさま
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

きつねのたなばたさま

  • 絵本
作: 正岡 慧子
絵: 松永 禎郎
出版社: 世界文化社 世界文化社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥880

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2003年06月
ISBN: 9784418038091

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 こぎつねはいなくなったお母さんを待ち続けています。ある日、人間の子が七夕の飾りに願い事を書いて叶った様子を見て自分も願いをかけます。ところがこぎつねは字が書けません・・・。
七夕のお話に親子の絆、自立を重ねて描かれたちょっぴり切なくも温かい物語です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

きつねのたなばたさま

出版社からの紹介

ワンダーおはなし絵本シリーズ
きつねの子どもの夢はいつもおかあさんの夢。ささの葉に願いを書いたきれいな色紙をかざっている人間の親子を見たきつねの子は、自分もお願いをしてみることにしました。

ベストレビュー

悲しみを乗り越えて

猟師にお母さんを殺されてしまった子ぎつねは、そうとは知らずに
お母さんを待ち続けています。
ある日、人間の子が七夕飾りにお願いを書いているのを見て、字が
書けないながらも一生懸命考えて、自分もお願いごとをします。
人間の子は叶ったのに、自分は叶わない…
せめて夢の中でお母さんに会おうと、食事もとらずに眠ってばかりで
弱ってしまいました。その時、雌の子ぎつねに助けられ、成長した
2匹は家庭を築きます。
一生懸命に考える子ぎつねに、思わず涙が出そうになります。
願いは叶わないままですが、親子の絆や悲しみを乗り越えて成長する
姿に温かい気持ちにもなれるお話です。
(ぴこりんさん 30代・ママ 男の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,045円
1,540円
1,540円
1,430円
3,300円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

385円
385円
385円
2,860円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

きつねのたなばたさま

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら