ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ねこはなんでもしっている
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこはなんでもしっている

  • 絵本
作・絵: 青山 友美
出版社: イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねこはなんでもしっている」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784781601847

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

オレは このまちにすむねこ
まちのことなら なんでも しっているんだ

デビュー作『うみのいえのなつやすみ』も好評の青山友美による、港のある町にすむ猫と迷い犬との1日のふれあいを描いた1冊。


ねこはなんでもしっている

ベストレビュー

ねこって、そうなんです

そう!!
確かに、猫はなんでも知っているんです!

ノラちゃんは普通たくさんの名前を持っていて、
せいじろうみたいに人間のグチを聞いて『にゃー』と励まし
町の治安?のため見回りをかかさず、
時には迷子の犬のお世話もしてるかも…(^・^)

寝ているばかりじゃなくて、深い洞察をもって? 生活してるはず…
猫派にとっては「そう!そうなのよ!」とわかってくれるでしょう。
(いくら丼ちゃんさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


青山 友美さんのその他の作品

ぼくんちのねこまたフーじぃ / にいちゃんのなみだスイッチ / あくしゅかい / チョコたろう / キナコ / キャンプ!キャンプ!キャンプ!



『ダイズマンとコメリーヌ』 <br>中川ひろたかさんインタビュー

ねこはなんでもしっている

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット