新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

びっくりたまご

びっくりたまご

  • 絵本
作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

ISBN: 9784769020189

3びきのかえるとへんなにわとりのはなし

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


カナガキ事務局長、廣川暁生さんに聞く、レオ・レオニの魅力


レオニ賞、Bunkamura賞決定!!


谷川俊太郎さんサイン本など、豪華賞品当選者発表!

▼ 絵本とあわせて欲しい♪タオルやポーチ、Tシャツなど。
>>レオ・レオニグッズはこちら

出版社からの紹介

石ころ島に三匹の蛙が住んでいました。その一匹が大きな卵を見付け、中からワニの赤ちゃんが出てきました。知ったかぶりの一匹が「にわとりだ!」・・・

びっくりたまご

ベストレビュー

面白がるのが大好き

『AN EXTRAORDINARY EGG』が原題。
3びきのかえるとへんなにわとりのはなし、と副題にあります。
いしころじまに住む3びきのかえる、マリリン、オーガスト、ジェシカのエピソードです。
レオ・レオニさんだけに、いしころじまという設定に思わず納得してしまいました。
面白がるのが大好きなジェシカが見つけてきたのが、きれいな石ころ。
ところが、マリリンが言うには、これは「にわとりのたまご」。
かくして、生まれてきたのは、聞いたこともない「にわとり」。
明らかにワニなのに、にわとりとして扱われる様子が面白いですね。
もちろん、最後には正体が明らかになりますが、
もともとにわとりもワニも知らないので、笑い飛ばして終わり、
という大らかさがすごいです。
知らない者同士は案外仲良くできる、でしょうか。
なかなか滋味深いです。
(レイラさん 50代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,320円
1,980円
528円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,760円
385円
550円
1,848円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

びっくりたまご

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 33人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら