だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
3びきのくま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

3びきのくま

  • 絵本
作: L・N・トルストイ
絵: バスネツォフ
訳: 小笠原 豊樹
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1962年05月
ISBN: 9784834000061

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

3〜4歳 編集部おすすめ

おはなし

 森小屋に3匹のくまが暮らしていました。1匹は小さなこぐま、1匹は中くらいのくま、1匹は大きいくま。
 ある朝、朝食のおかゆがとても熱いので、3匹のくまはおかゆがさめるまで森の中を散歩することにしました。3匹がでかけている間、金髪の女の子がくまたちの家にやってきます。女の子はおなかがすいていたので、テーブルの上に置いてあったおわんのおかゆをそれぞれ一口ずつぺロッ。最後に口にした小さなおわんのおかゆが一番口に合ったので、女の子はこぐまのおかゆを全部食べてしまいました。次に女の子はとなりの部屋にあった大きい椅子、中ぐらいの椅子、小さな椅子に座ってみて、こまったことにちょうど座り心地がぴったりだったこぐまの椅子を壊してしまいます。そうこうするうちに眠くなり、寝室にあった大きなベッド、中くらいのベッド、小さなベッドに横になり、一番寝心地のよかったこぐまのベッドでスースー寝息をたてはじめるのでした。そこに3匹が戻ってきて…。

みどころ

 悪気のない女の子の行動とその足跡に、大きな声と中くらいの声と小さな声で驚くそれぞれのくまたちの反応がユーモラスです。仲むつまじく暮らすくまたちのほのぼのぶりは、小屋の中の持ち物にも表れています。おわんも椅子も、ベッドもみんな大きいもの、中くらいのもの、小さいものというようにすべて3つのサイズで揃えられ、きっと子供たちは3匹の生活を自分たちの生活に置き換えて、想像を膨らませることでしょう。
――(ブラウンあすか ;絵本ナビ オフィシャルライター)

出版社からの紹介

大きいお父さんぐま、中ぐらいのお母さんぐま、小さな子どものくまの3びきが森にでかけた間に、女の子がくまの家にはいりこんで……。芸術性豊かな文章と絵で作られた絵本です。

ベストレビュー

ミシュートカ

絵のタッチや、聞きなれないロシア風の名前などに異国情緒が漂う絵本です。
夫は「長くて変な名前だから省略しよう」と言って「お父さんグマ・お母さんグマ・子供のクマ」などと置き換えて読み聞かせていましたが、この絵本はその長くて変な名前こそが面白いところなんですよね。
子供達が絵本を見ながら「これがミハイル・イワノビッチ!これがナスターシャ・ペトローブナ!これはミシュートカ!」と楽しそうに言っているのを見て、夫も考えを改めたようです。
クマのおうちで好き放題して逃げていく女の子のお話はとても愉快で、子供達もお気に入りのようです。
(miki222さん 30代・ママ 男の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

L・N・トルストイさんのその他の作品

三びきのくま / トルストイの民話



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

3びきのくま

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット