あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
3びきのくま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

3びきのくま

  • 絵本
作: L・N・トルストイ
絵: バスネツォフ
訳: 小笠原 豊樹
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1962年05月
ISBN: 9784834000061

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

3〜4歳 編集部おすすめ

おはなし

 森小屋に3匹のくまが暮らしていました。1匹は小さなこぐま、1匹は中くらいのくま、1匹は大きいくま。
 ある朝、朝食のおかゆがとても熱いので、3匹のくまはおかゆがさめるまで森の中を散歩することにしました。3匹がでかけている間、金髪の女の子がくまたちの家にやってきます。女の子はおなかがすいていたので、テーブルの上に置いてあったおわんのおかゆをそれぞれ一口ずつぺロッ。最後に口にした小さなおわんのおかゆが一番口に合ったので、女の子はこぐまのおかゆを全部食べてしまいました。次に女の子はとなりの部屋にあった大きい椅子、中ぐらいの椅子、小さな椅子に座ってみて、こまったことにちょうど座り心地がぴったりだったこぐまの椅子を壊してしまいます。そうこうするうちに眠くなり、寝室にあった大きなベッド、中くらいのベッド、小さなベッドに横になり、一番寝心地のよかったこぐまのベッドでスースー寝息をたてはじめるのでした。そこに3匹が戻ってきて…。

みどころ

 悪気のない女の子の行動とその足跡に、大きな声と中くらいの声と小さな声で驚くそれぞれのくまたちの反応がユーモラスです。仲むつまじく暮らすくまたちのほのぼのぶりは、小屋の中の持ち物にも表れています。おわんも椅子も、ベッドもみんな大きいもの、中くらいのもの、小さいものというようにすべて3つのサイズで揃えられ、きっと子供たちは3匹の生活を自分たちの生活に置き換えて、想像を膨らませることでしょう。
――(ブラウンあすか ;絵本ナビ オフィシャルライター)

出版社からの紹介

大きいお父さんぐま、中ぐらいのお母さんぐま、小さな子どものくまの3びきが森にでかけた間に、女の子がくまの家にはいりこんで……。芸術性豊かな文章と絵で作られた絵本です。

ベストレビュー

声の強弱をつけて

 私が子供のころからある、みんな知っているお話です。が、普通に読んだらつまらない。それぞれのくまになりきり、太い声、女性の声、子供の声で呼んであげると、怖いながらも大喜びでした。名前も、聞きなれない名前であるために興味があるようでした。もう1冊、別の出版社の絵本もあるのですが、持ってくるのはいつもこの本でした。
(ヤマちゃんさん 30代・ママ 女の子10歳、男の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

L・N・トルストイさんのその他の作品

トルストイ ショートセレクション 三びきのクマ / 三びきのくま / トルストイの民話



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット