しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

じめんのうえとじめんのした」 みんなの声

じめんのうえとじめんのした 作・絵:アーマE・ウエバー
訳:藤枝 澪子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1968年07月
ISBN:9784834001297
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,827
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 美術館で

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    ある有名な美術館の中の売店で売っているのを購入しました
    何とも表紙にひかれました

    淡々と「じめんのうえ」と「じめんのした」の両方を
    対比しながら色々な植物や動物の生き方を紹介しています

    子供には身近な
    うさぎや
    人参・じゃがいもも登場します

    当たり前に私達は地面の上のみで生活していますが
    地面の下という世界の存在にも気づかせてくれます

    何とも趣のある
    美術館で販売しているのもうなずけるくらい
    アートな一冊です

    掲載日:2010/12/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 植物学、入門編

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    地面の下と地面の上を、わかりやすい絵で、シンプルに説明してくれています。余計なものがいっさい描かれていないので、小さい子でもわかりやすいと思います。逆に、図鑑などを見始めた子には、物足りなく感じてしまうかもしれません。でも、大事なことがきっちり説明されていて、理系出身の私でも、よくできているなぁと感じる出来栄えです。

    掲載日:2017/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど よくわかります  

    タイトルが良いですね!
    じめんのうえの生き物 地面の下でいきる生き物 両方の生物もいます
    植物は じめんのしたと じめんのうえの両方で生きています
    ねっこの様子は 見えませんが この絵本で良く分かりました
    ぽぷら  ならの木の根っこの違い  
    じゃがいもは 根っこではなく くきがふくれたものをいただいているのです

    地上で生きるいきものは  植物を食べて生きています
    きりんも ぞうも 牛たちも  葉っぱや草を食べて生きています

    私たち人間もいろんなものをいただいて生きているんですね

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味を持って読んでいます

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    植物を中心に、じめんのうえとしたがどうなっているのかを、淡々と描いてあります。
    様々な木や野菜などの地面の下がどうなっているのかが分かりやすく、同じ根でも地をはうものや、下に長く伸びるものなど色んな種類があることが学べます。
    この後、実際に草むしりなどをすれば根に対する興味を引き出せる、理科の教育的要素をふまえた絵本だなと思いました。

    掲載日:2016/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい部分もあるけれど

    「5才〜小学校初級向き」と裏表紙に書いてありましたが「鉱物のとけこんだ水」や「腐植土」など難しい言葉も出てきて、我が家の5歳児はまだ完全には理解出来ない様子でした。
    でも地面の上と、地面の下を断面図で観察するという発想は面白いです。
    絵はお世辞にも上手な方とは言えないような感じですが、なぜか本棚の見える所に立てておきたいようなデザイン性を感じる絵本です。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルだけど味わい深い

    決してうまくはないのですが、妙に説得力のあるイラストです。
    中身はにんじんやじゃがいも、象、うさぎなど子供にもおなじみなものが登場します。

    そして、人間や動物は太陽や土から栄養をとりこむことができないために、これらの植物にお世話になっているということを、当たり前ながら改めて考えさせられました。

    シンプルだけど味わい深い絵本です。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりいいなあ

    科学系絵本にまったく興味がなかった子どもの頃。唯一読んでいた科学絵本です。いまだ出版されていることを知り、なつかしくなって読んでみました。すると、やっぱりいいです! 植物や動物がじめんの上と下とで描かれていて、すごくわかりやすい。科学が苦手な私でもおもしろく読めたはずです。
    しかも、大人になってみれば、その絵の素敵さにもひかれます。
    シンプルで、いい絵本だなあ、と改めて思いました。

    掲載日:2016/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 植物だけじゃない!!

    表紙を見ると、地面の上の植物と、地面の下の植物が
    描かれているので、植物のお話なのかなと思っていたら、
    動物たちも登場します。
    少ないページで簡潔にまとめられていて、とてもよい絵本
    だと思いました。
    かわいい絵とはほど遠いですが、勉強にもなる絵本なので、
    娘に読んでいます!!

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近なもので、分かりやすく

    子供に分かるように、具体例が馴染みのある植物や動物ばかりです。
    当然のことなんだけど、子供には新鮮にうつったようで、繰り返し読んでいました。
    地面の上は普段から目にしますが、地面の下は意識しないと感じない部分だと思うので、これを機に興味が広がるといいと思いました。

    掲載日:2014/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • このすぐれた本をすべての子どもに

    じめんのうえとしたで、動物や植物がどんなふうに存在しているのかを、シンプルかつ美しいイラストで教えてくれます。
    無駄なものが一切なく、大切なことだけ教えてくれているという印象。なので小さい子にもとてもわかりやすいと思います。
    派手さはないので、もしかしたら子どもが自ら手に取ることは少ないかもしれませんが、大人が手渡してあげたら、絶対に興味をもつと思います。巻末の解説のタイトル「このすぐれた本をすべての子どもに」という言葉が本当にぴったりだと思いました。

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット