なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ウォールズ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウォールズ

  • 絵本
著: ありま 三なこ
出版社: 扶桑社

本体価格: ¥1,300 +税

「ウォールズ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年
ISBN: 9784594074814

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】be絵本大賞受賞作品です!

出版社からの紹介

壁のまわりにいろいろな生き物がやってきました。そしてかれらは、その壁について語り始めます。壁に支えられたり、助けられたり・・・思い出をみんなそれぞれに語り合います。淡々とした語りながら人の心に静かな感動を与える作品です。

ウォールズ

ベストレビュー

一人一人の「壁」

「壁」といっても、一人一人に色々な思い出があることを知りました。
落ち込んでいる時の支えになってくれたり、目標になったり、或は命を守る盾になってくれたり・・・

私が「ウォールズ」というタイトルを目にした時、一番に思い浮かべたのが「5割ウォールズ」、5割の壁です。
野球の勝率に関する用語ですが、とにかく昨年はこの壁が大きくて大きくて、なかなか越えることが出来なかったのです。
この場合の壁は、まさに「目標」、チームが優勝に向けて最低限越えなければならない、大きく立ちはだかる障害であり目標です。

その壁を越える為に、苦しんで苦しんで、それでも越えられなくて・・・
でもそこから猛練習の甲斐あって、やっと5割の壁を越えた時の嬉しさは格別です。
この喜びは、あの壁があったおかげだと、越えた後に感謝に変わるのです。

最後、それぞれの想いを乗せて、壁が白い鳥となって大空へはばたいていく場面がとても素敵でした!
読み終えて温かい気持ちになる、ちょっと大人向けの絵本です。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット