まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
くわずにょうぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くわずにょうぼう

再話: 稲田 和子
絵: 赤羽 末吉
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年07月
ISBN: 9784834007893

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

よく働いて、飯をくわない女房がほしい――そんな欲ばり男の所へ本当に飯をくわない嫁がきましたが……。力強い語り口と見事に構成された画面が、読者を昔話の世界にひきこみます。

ベストレビュー

こわいぞ〜

あるおばけの本を読んだ時に子ども達から
「こわくな〜い」
という反応があった。

その日の帰りに
「それじゃ〜,明日,頭におっきな口のある
こわい鬼婆の本を読もうかな〜。泣いても知らないぜ」
というと,子ども達は「きゃ〜」と。

翌日,それでは「泣く子も黙る,恐い鬼婆のお話〜」と
読み始めると,子ども達は肩を寄せ合って恐る恐る聞いている。

特に,髪の毛をほどいた頭に大きな口が出てきたところでは
「きゃ〜っ!」の声。

昔話(再話)は,それ自体に意味が隠されているので,
説明はあまり要らないと思っています。

都合のいいことを言っているとろくなことはない。

そんなことも,説教しなくてもわかるのが
昔話のいいところだと思っています。
(くるしまたろうさん 30代・せんせい 男の子8歳、男の子5歳、男の子3歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


稲田 和子さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 うりひめとあまんじゃく / 方言で語る日本昔話30選 / しょうとのおにたいじ / えすがたにょうぼう / 炭焼長者 / 天人女房

赤羽 末吉さんのその他の作品

あみかけクジラ / クジラまつり / もりくいクジラ / シカの童女 / 黄金りゅうと天女 / ほうまんの池のカッパ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 総記 > くわずにょうぼう

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット