虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ピンク、ぺっこん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピンク、ぺっこん

  • 絵本
作: 村上 康成
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2000年08月
ISBN: 9784198612320

5歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


村上康成さんにインタビューしました!

みどころ

夏の初めの山の奥。冷たい水はいい気持ち!きらきら流れる川の中で泳いでいるのは、春にうまれたばかりのヤマメの子。ピンクのひれが自慢なのが主人公、ピンクです。
ヤマメの子たちはくいしんぼう、いつもおなかぺこぺこ、はらぺっこん。
みんなが虫をねらっています。

「わっ、これはおいしそう。」
ピンクが見つけた虫を食べようと口を開けた途端、イワナのおじさんにえさを取られます。
ところが次の瞬間にはそのイワナのおじさんがヤマセミに捕らえられて…!
爽やかな水の中が一瞬のうちに緊張につつまれます。
見ている読者がドキッとする時間でもあります。

その後、ピンクは釣りのおじさんにも捕まりそうになるけど、無事に生還。
すぐに川の中はいつもの静かで穏やかな気配に戻ります。
その様子を見て私たちは気がつきます。
「ああ、これがヤマメたちの日常なんだな。」
そんなヤマメの一日のクライマックスの時間は夕暮れ時。
大好物のカゲロウの大群がやってくるのです。みんなそわそわして…。

きれいな水の中で繰り広げられる魚や鳥や虫たちのドラマを、鮮やかなタッチで描き出した『ピンク、ぺっこん』は、大人気絵本作家村上康成さんのデビュー作品です。釣りがライフワークの一つでもある自然派アーティスト村上さんが初めて川でヤマメに出会ったのは小学校3年生の時。以来ずっと虜になっているのだそうです。そのヤマメの一生を通して自然の美しさ、力強さ、感動を体験できるのが「ヤマメのピンク」シリーズ。村上作品の原点、まだ読んでいないという方には、絶対おすすめします。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ピンク、ぺっこん

出版社からの紹介

春に生まれたヤマメの子ども、ピンク。おなかはいつもぺこぺこ、ぺこぺこのぺっこん! どこかにおいしいえさはないかな? 川のなかをすーいすい泳げば、ときどき怖い目にもあうけど、ピンクは毎日元気いっぱい! ヤマメのピンクの生涯を描くシリーズの第一作目。人気絵本作家のデビュー作。

※2013年、「ヤマメのピンク」シリーズが「国連生物多様性の10 年日本委員会(UNDB-J)」 推薦「子供向け図書」
(愛称:「生物多様性の本箱」〜みんなが生きものとつながる100 冊〜)に選定されました。

ベストレビュー

生態系は厳しい

ヤマメの子供がえさにありつくまでの、川での生活のお話です。
食べて、食べられてという生態系もそのままお話になってます。

トリに食べられてしまう場面では
息子は「食べられちゃったの?」とちょっとかわいそうになったようでしたが
弱肉強食の世界が少しわかったのではないかな・・。

魚の絵ががかわいくて読んでみましたが、ちょっと意外な展開でした。
でも自然の厳しさに真正面から取り組んだ所に好感が持てました。
夕方、えさにありつく場面は圧巻です!

続編があるようなので、読んでみたいと思います。
(きゃべつさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。

村上 康成さんのその他の作品

999ひきのきょうだいのほしをさがしに / おいも! / 村上康成のイラストエッセイ 水ぎわの珍プレー / はるの ごほうび / おおきくなったらきみはなんになる? / 母ぐま子ぐま



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

ピンク、ぺっこん

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット