新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
ママ、あのね
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

ママ、あのね

  • 絵本
写真: 福田 幸広
文: ゆうき えつこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥935

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2014年11月10日
ISBN: 9784265830206

出版社のおすすめ年齢:0・1・2歳〜
180x190mm/24ページ

みどころ

「ママ、あのね。みてみて ぴょ〜んて とべるよ」
岩山のシロイワヤギのあかちゃんは、ママに話しかけます。
見守るお母さんヤギは「すごい!すごい!とってもかっこよかったわ!」あかちゃんヤギに言います。
「ママ、あのね。はじめまして」
ちいさなちいさなペンギンのあかちゃんはママの足の間でにっこり。
「ママのところに うまれてくれて ありがとう」ママはぎゅっと顔を近づけて、おなかであかちゃんをだっこします。

たくさんの動物の親子の写真。写真に写るあかちゃんたちは、どの子もなんとも頼りない小さな身体。柔らかそうな毛に、一生懸命ママに向けた目、そして、ママにギュッとくっついたときの安心しきった表情・・・。
あかちゃんの愛おしさというものは、動物も人間も変わりませんね。

この本には、「あかちゃんとママ」の組み合わせが放つ幸せな魔法がかかっているようです。
ページを開くと、誰もがきっと最高にやさしいママの顔と声になっちゃうんですから。
ぜひ読んでためしてみてくださいね。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

ママ、あのね

出版社からの紹介

ペンギン、サル、ゾウ、シカ、ヤギ、キツネ…。ママと子どもの幸せな表情に思わず、にっこり。愛おしい気持ちになれる写真絵本。

ベストレビュー

ママと子の絆

とっても優しくて子供がすごく愛おしく思えてしまう1冊でした。いろいろな動物たちのママと赤ちゃんがとっても優しくて愛情いっぱいに子供といる風景。すごく胸がジーンとします。優しくて美しい写真と一緒に、ママと子供の絆ってすごいな、と改めて感じました。素敵な1冊です。
(ピンクちゃんさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
825円
506円
1,430円
513円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,100円
5,280円
495円
4,950円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ママ、あのね

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら