新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

そらはあおくて

そらはあおくて

  • 絵本
文: シャーロット・ゾロトウ
訳: なかがわ ちひろ
絵: 杉浦 さやか
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年10月
ISBN: 9784751528457

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
サイズ:23.3×20.7cm/ページ数:32頁

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー


3冊まで投票できる!えほん祭り開催中

みどころ

続きを読む
そらはあおくて

そらはあおくて

出版社からの紹介

古いアルバムの中でほほ笑むのは、今とは違う服を着て、今とは違う家に住む女の子。
お母さんも、おばあちゃんも、昔は「小さな女の子」だったなんて、ほんとかな?
でも、いつの時でも、空は青くて、草は緑……。

ベストレビュー

同じ空の下

何世代にもわたってアルバムに残された写真の女の子は、母親であり祖母であり、そのまた母親であり、暮らしや衣服の移り変わりが見えて、とても興味深く見比べました。
でも、この絵本の言いたいことは、空の青さや、雪の白さは昔も今も変わらないということです。
そして、自分の未来にも継承していくということです。
この視点は素晴らしいと思います。
人間自体も、人を愛する心は変わらないということにつながっていくのですから。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,860円
1,320円
880円
1,430円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
2,200円
440円
1,848円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

そらはあおくて

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら