新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

きょうはみんなでクマがりだ

きょうはみんなでクマがりだ

  • 絵本
再話: マイケル・ローゼン
絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: 山口 文生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※こちらは新版(2020年刊行)になります。旧版は現在取り扱いがありません。

作品情報

発行日: 1990年
ISBN: 9784566080638

23.5×25.7cm/32ページ

おはなし

赤ちゃんも入れて5人(と犬いっぴき)が、クマがりにでかけます。
きょうはみんなで クマがりだ。
つかまえるのは でかいやつ。
そらはすっかり はれてるし、
こわくなんか あるもんか!
びっしり長い草だらけの草原を通り抜け、
深くて冷たい川を渡り、
重くて湿った泥だらけのぬかるみを渡り、
大きくて暗い森を抜け・・・。
ほらあなをのぞくと・・・あれはなんだろう?
わあ クマだ!!!

出版社からの紹介

きょうは、朝から上天気。5人のかりうど(あかちゃんもいれて。でも犬はかぞえない)が、クマがりに出かけます。みんなで、ちっともこわくない、っていいながら、草原をぬけたり、川をわたったり、ぬま地をとおったり。さて、どうなるのかな。

この絵本は、子どもたちのあそび歌が、もとになっています。文を読みながら、同じような動作---草をかきわけたり、川をわたったり、そしてクマにであったら家ににげかえるなど---をしてあそべます。ご家族のみなさんそろって、楽しんでください。

ひとまわり小さなサイズの新版になります。

ベストレビュー

なるほど!

初めてこの絵本を読んだ時、何を伝えたい本なのか、よく分かりませんでした。
でも、こちらのレビューで、これはあそびうた、というのを読んで、なるほど!と思いました。

きょうはみんなでクマがりだ。
つかまえるのはでかいやつ。
そらはすっかりはれてるしこわくなんかあるもんか!

この繰り返しが楽しいんですよね。
その後に、必ずやってくる難所を上手く切り抜けていくのも楽しい。

適当に節をつけて読んでみたいですね。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,870円
3,520円
1,540円
1,100円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

495円
3,850円
715円
550円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

きょうはみんなでクマがりだ
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら