もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
タケノコごはん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

タケノコごはん

  • 絵本
文: 大島 渚
絵: 伊藤 秀男
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年07月
ISBN: 9784591145777

25cm×25cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

パパが小学校に行っていた頃、日本の国は中国と戦争をしていました。
だから遊びも絵本も戦争と関係のあるものばかり、大きくなったら兵隊になり、戦争に行かなくてはならないと教えられていました。

そう語りはじめたのは、世界的映画監督大島渚さん。これは、彼の初めての絵本作品となります。
息子の武さんが小学生の頃、親にこども時代の思い出を作文に書いてもらうという宿題があり、その時に書いた文章なのだそう。日頃から子どもたちに「自分で考えることができる人になってほしい」と言っていたという大島さん。この絵本の内容も、少年時代に起きた出来事や感じたことをシンプルに書いているだけです。

物語は、クラスで一番ケンカの強いさかいくんのことが中心になって進んでいきます。
ケンカが強くても、朗らかで優しい少年だったこと。
だけど兵隊だったお父さんが亡くなってからは、時々弱いものイジメをするようになったこと。
みんなが大好きだったクラスの担任の先生が兵隊に行くことが決まった時、一番涙を流していたのがさかいくんだったこと。

まだ幼かったパパは、その事実が何を物語っているのか、すぐには理解できなかったのかもしれません。戦争というものがどういうものなのか、色々な出来事を経験していきながら、少しずつわかっていったのです。それはきっと、この絵本を読んだ子どもたちも同じでしょう。
「先生、戦争なんかいくなよっ」
そう叫んださかいくんの心の中には、どんな想いが詰まっていたのでしょう。

戦後70年経った今、大島さんが今の子どもたちへ問いかけます。
世代を超えて伝えていかなければならないこと。もう一度考えなくてはならない時代がきています。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

世界的映画監督、大島渚の初の絵本。
「戦場のメリークリスマス」など世界中で上映される映画を作り続けた映画監督の大島渚が、自身の子どもに語った自らの戦争体験を絵本にしました。戦後70年、いま子どもたちに、どうしても伝えたい絵本です。

ベストレビュー

出征

父親を戦争で亡くした子供から戦争を追った作品、というのがポイント。それもなんだか実話っぽい。
こういった本は実話が多いけれど、もっと実話っぽく感じてしまう。
友達の視点という第三者視点だからだろうか。

父親を亡くし、先生をきっと心の支えにしていたさかいくん。戦争に出てしまえば父親の時のような思いをすると知っているさかいくん。
無言の涙に実感がこもっています。でも大人は笑顔。
一足先に戦争を知ってしまったこと、大人は寂しさを我慢しているのではないかという推測、際立つ最期の晩餐 タケノコごはん。

わかりやすく伝わりやすい。小学高学年から大人までジーンとすると思います。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


伊藤 秀男さんのその他の作品

おにぼう / 日本の神話 古事記えほん【三】 やまたのおろち〜スサノオとクシナダヒメ〜 / げんこつげんたろう / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(12) 古田足日子どもの本 / まんてんべんとう / 宮沢賢治の絵本 虔十公園林



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

タケノコごはん

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット