話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

かっぱのかっぺいとおおきなきゅうり
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ

かっぱのかっぺいとおおきなきゅうり

  • 絵本
作・絵: 田中 友佳子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年06月30日
ISBN: 9784198621896

3歳から
A4判(タテ31センチ) 32ページ

みどころ

日照り続きで食べものがなくなり、おなかをすかせた かっぱのかっぺい。
「だいすきなきゅうりを おなかいっぱい たべたいなぁ」 と、そんな時、不思議なおじいさんが夢のように大きなきゅうりを運んでいるのを目撃。たまらず後を追いかけます。
追いかけた先で、緑色が目に入るたび、ついにきゅうりを見つけた!と、突進してかぶりつくかっぺいですが、残念なことに、飛びついたものはどれもこれもきゅうりではないのです。繰り返すトホホな結果に思わず笑ってしまうのですが、かっぺいはついには大きな大きなとんでもないものにかじりついてしまいます!それはなんと・・・!?
その後かっぺいは天までのびる太い蔓のようなものに行き当たります。雲の上から見え隠れする緑色の実。かっぺいは、夢のきゅうりにたどりついたのでしょうか。ラストには、最高に気持ちが良さそうなシーンと、最高に美味しそうなシーンが待っていますよ。

「こんたのおでかけ」シリーズでも人気の田中友佳子さんの作品です。田中さんはサハラ砂漠へ行った際、このお話を思いつかれたそう。
照りつける太陽と、乾いた大地。そして、勘違いかっぺいの、オアシスの蜃気楼を見た人のような恍惚の表情・・・(笑)。なるほど真に迫っています。そしてページをめくるたびに待っている愉快で大胆な展開は、お話会などでもとっても盛り上がりそうですね。
それにしても田中友佳子さんの描くきゅうりのみずみずしさ、たまらないです。こんな美味しそうな大きなきゅうり、1度食べてみたい!

(絵本ナビ編集部)

かっぱのかっぺいとおおきなきゅうり

出版社からの紹介

日でり続きで食べものがなくなり、おなかをすかせたかっぱのかっぺい。大きなきゅうりを運ぶ、ふしぎなおじいさんをみて、いそいで後をおいかけますが…? はたしてかっぺいは、無事にきゅうりを食べられるでしょうか? 『こんたのおつかい』でデビューし、たちまち人気者になった若手作家による、待望の第二作。みずみずしいきゅうりの緑色、すいこまれそうな青い空、白い雲…これからの季節にいち押しの、さわやかな絵本です!

ベストレビュー

期待以上でした

絵本ナビのフェアで存在を知り、2歳の息子に読みました。

最初、表紙を見て、あまり期待していなかったのですが、読んでみると予想以上に面白かったです。あまりひねりもなく、言い伝えられているカッパの特徴(きゅうりが好物、水神など)を、面白おかしくうまく説明しています。

息子は「おっきいくうり(きゅうり)みる〜」とすぐに気に入りました。かっぺいと同じように、ちらりと見えた緑のものを「あ、これくうり?」と期待満々で見ています。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田中 友佳子さんのその他の作品

こんたのさかなつり / たぬきがのったら へんしんでんしゃ / こんた、バスでおつかい / にげだした てじなのたね / こんたのおつかい


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > かっぱのかっぺいとおおきなきゅうり

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

かっぱのかっぺいとおおきなきゅうり

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.51

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット