新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
ちしきのぽけっと(20) かき氷 天然氷をつくる
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

ちしきのぽけっと(20) かき氷 天然氷をつくる

  • 絵本
写真: 細島 雅代
文: 伊地知 英信
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年05月31日
ISBN: 9784265043705

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
281×215mm/36ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

続きを読む
ちしきのぽけっと(20) かき氷 天然氷をつくる

出版社からの紹介

埼玉県の長瀞では100年以上も前の明治時代から、山間にある池で氷が作られてきた。この氷づくり専用の池は、氷池とよばれる。むかしは何軒もあった氷屋さん(製氷業)は、いまは阿佐美さんの家(阿佐美冷蔵)だけになってしまった。この阿佐美さん一家の、天然氷づくりを追ったフォトドキュメント。

ベストレビュー

暑い夏にピッタリ!

天然氷のかき氷。表紙の写真を見ているだけで、暑い夏に、涼しくなれます。今すぐ、口の中にかき込みたい気持ちになりました。
長瀞の阿左美冷蔵のかき氷は、以前食べに行ったことがあります。
行列必至の人気店!いつか子どもたちも連れて行ってあげたいと思っています。
天然の氷をどうやって作っているのか、職人さんたちの苦労もよく分かり、とても勉強になりました。
(ピーホーさん 40代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,200円
1,650円
924円
1,430円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
550円
880円
2,530円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ちしきのぽけっと(20) かき氷 天然氷をつくる

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら