話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

たろうのひっこし

たろうのひっこし

  • 絵本
作: 村山 桂子
絵: 堀内 誠一
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1985年2月28日
ISBN: 9784834001372

出版社のおすすめ年齢:3歳〜

この作品が含まれるテーマ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

たろうは、お母さんから古いじゅうたんをもらい自分の部屋を作りました。そこへ猫のみーやがきて……。子どもたちの遊びを思いっきり発展させた楽しい絵本。

ベストレビュー

お花見したくなる

「待ち遠しい!春の絵本」に紹介されていたので読んでみました。満開のさくらを楽しめる、気持ちもウキウキ楽しくなる絵本でした。
「ねえ おかあさん ぼくじぶんの おへやが ほしいな」というたろうに、お母さんは赤いじゅうたんを広げ、「このじゅうたんを ひろげたところが たろうの おへやよ」と答えます。もうこのやり取りだけで、素敵だなと思いました。私だったら、「まだ早い、おおきくなったらね」と言ってしまうに違いありません。
たろうは廊下や窓際やお庭など、次々に快適な場所を思いつき、「自分のおへや」をつくって、お引っ越し。お友達も次々やってきて、最後には満開のさくらの木の下でおやつを広げてパーティです。みんなでお母さんが持ってきてくれたジュースを飲んでいる姿を見て、子供たちは「わぁ」と声を上げて喜んでいました。さくらが咲いたら、是非家族でお花見したいなと思います。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳、男の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

968円
1,210円
1,430円
1,760円
770円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

495円
4,730円
275円
880円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

たろうのひっこし

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら