話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

くさをはむ

くさをはむ

  • 絵本
作・絵: おくはら ゆめ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2009年04月
ISBN: 9784061323933

ワイド判・24ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

シマウマに思いを馳せて

「くさをはむ」というタイトルが印象的で手にとりました。
なぜおくはらさんはシマウマが主人公の絵本を作られたのでしょう。
この絵本を読んだら、遠い大平原に暮らすシマウマが気になって仕方がありません。

息子はシマウマが沢山出てくるページがお気に入り。
くさをはむ すなあびる かおよせる・・・
5文字の心地よく響く言葉と
ちょっと脚の短い、ユーモラスなシマウマ達の絵が絶妙で、クスクス笑っています。

私は、シマウマが草の気持ちになる「くさごっこ」がお気に入り。
シマウマ型の草が伸びていく絵も、
「シマウマに食べられたらどうしよう」なんてコメントも可笑しくって。
また、そんな「ぼく」の遊びに乗っかって、「ぼく」のほっぺをはむお母さんシマウマの絵が、愛情にあふれていて最高です。

「食べられる」なんて、自然の厳しさもサラリと折り込みつつ、
1日中くさをはむシマウマ達の穏やかな暮らしを見ていると
小さなことがどうでもよくなって
絵本の中に降り注ぐ、黄色いお日さまを浴びているような気持ちになります。
今日もご飯を食べて、生きているのだから、それでよしとしましょう。

これといったストーリーもないのに、何度も読んでしまいます。
動物好きな幼児さんはもちろん、ちょっとお疲れの大人の方にもおすすめです。
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

880円
1,540円
935円
1,430円
495円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
1,430円
1,320円
3,300円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

くさをはむ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら