新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • 学べる
  • 役立つ
パンのかけらとちいさなあくま

パンのかけらとちいさなあくま

  • 絵本
作: 内田 莉莎子
絵: 堀内 誠一
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1992年02月
ISBN: 9784834010831

出版社のおすすめ年齢:4歳〜
ページ数 : 32ページ
サイズ : 27×20cm

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

知恵を働かせ富をもたらす小悪魔の昔話

小さな悪魔は、貧乏なきこりからパンのかけらを盗んで得意になっていましたが、大きな悪魔たちにたしなめられ、おわびに、きこりが借りた役に立たない沼地を畑に変えることにしました。小さな悪魔は、大きな木をひっこぬき、沼の水を飲みほして、見事な麦畑にします。ところが、それを見た地主が収穫した麦を全部もっていってしまったので……。知恵を働かせ富をもたらす小悪魔の昔話。

ベストレビュー

小さな悪魔のとんちの良さも痛快

 リトアニアの昔話ということで、興味を持ち手に取りました。
 バルト三国のひとつリトアニアは、戦後東欧という括りの中にありましたが、最近は北欧の括りの中に入ることもあるやに聞きます。
 このお話に出てくる「悪魔」は、邪悪なものというイメージよりは人間好きの優しい妖精のイメージに近いと感じました。
 そこからも、トロルやトムテに近い感じがして、北欧っぽいかもという印象です。
 
 さて貧乏な木こりの昼食のパンの欠片ををさらって帰った小さな悪魔を「なんて やつだ!・・・」と諫め、謝らせさらには木こりのために働いて来いという大きな悪魔たちの言葉に笑いました。

 沼地を地主の許可をもらい麦畑に、木こりを手伝い変えていくページは見事です。
 やっと収穫までこぎ着けたところで、意地悪地主の行いの敵をとってやる小さな悪魔のとんちの良さも痛快です。
 最後の麦束の絵は驚きながらも笑いました。
 
 読後リトアニアの「悪魔」観について調べてみたら、やはり人間と友好的な存在だそうで、リトアニアの家庭のあちこちに好運と幸福の象徴(しるし)として、小さな悪魔の彫像が置いてあるのだそうです。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

550円
1,100円
638円
1,320円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,320円
1,100円
2,090円
10,780円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

パンのかけらとちいさなあくま

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.83

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら