だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
しずかなおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しずかなおはなし

  • 絵本
作: サムイル・マルシャーク
絵: ウラジミル・レーベデフ
訳: 内田 莉莎子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1963年12月
ISBN: 9784834000177

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

静まりかえった深い森の中で展開するハリネズミ一家の物語。詩人マルシャークが子どものために心をこめて作った詩に、レーベデフが味わい深い絵をつけた、ロシアの代表的絵本。

ベストレビュー

声をひそめて読みたくなる

「ちいさなこえでよむおはなし」とあるので、声をひそめて読みたくなるお話です。

モノトーンの優しい淡い絵がクラシカルな感じでマッチしています。

しずかなといいながら、その展開は決して静かな場面ではないところもありますがはりねずみのひっそりとした静かな生活がこのまま守られていけばいいのにという思いがしました。

日本では1963年の出版。現在の展開の早いお話や色遣いのきれいな絵本とは趣を異にしますが、絵本の中に流れる静かな時間が古典の持つ魅力だなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

サムイル・マルシャークさんのその他の作品

小さなお城 / 岩波少年文庫 72 森は生きている / 世界の名作12 森は生きている  / 12つきのおくりもの / 12の月たち / こねこのおひげちゃん

ウラジミル・レーベデフさんのその他の作品

三びきのくま

内田 莉莎子さんのその他の作品

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話 / ビアンキの動物ものがたり / ロシアのわらべうた / 福音館文庫 ぞうのドミニク / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 福音館文庫 太陽の木の枝



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

ママの声 35人

ママの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット