バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
やこうれっしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やこうれっしゃ

  • 絵本
作・絵: 西村 繁男
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1983年03月
ISBN: 9784834009224

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 夜行列車の出発から到着までの駅や車内の様子を細かくじっくり描かれている字のない絵本。
この列車はどこの駅を出発してどこの駅に到着したのでしょうか。この駅員さんの仕事はなにかな。この人達は何をしに行くのかな。どこの出身の人達かな。画面隅々まで細かく丁寧に描かれている絵を見ながら話はつきないでしょう。着いた先は、吐く息も白い雪景色。昭和のにおいがぷんぷんする服装や荷物にも興味津々。会話も聞こえてきそうですね。
 また、今は少なくなってきた夜行列車、寝台列車の様子も珍しいという事で子供達にも魅力的。電車の面白さをじっくり味わうのにぴったりな絵本です。
字のない絵本というのは画面をじっくり見ながら進んでいくので観察力や想像力があればあるほど楽しめます。たまにはこんな絵本も新鮮ですね。興味がぐんぐん広がっていきそうです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

やこうれっしゃ

出版社からの紹介

夜の闇を走る夜行列車の中には暖かさと人と人との触れ合いがあります。訛りのある会話さえ聞こえてきそうな暖か味のある絵で、夜行列車の旅へご招待します。

ベストレビュー

字のない絵本だけれど・・・

電車好きの息子が3歳ごろから読んでいます。

他にも電車の絵本はあるのに
この絵本が大好きなんです。

夜行列車に乗って、朝になって到着するまでを
言葉を使わずに絵だけで表現している絵本なのですが
絵に力があると言うか、絵を読むのが楽しい絵本です。

乗客のしぐさが一人一人丁寧に書かれてあります。
椅子を倒して寝ている人もいれば
ベッドに寝ている人もいる。

扇風機が上についていて、時代を感じさせるところもあり
「昔はクーラーじゃなくて上に扇風機がついていたんだよ」
などと話したりもしました。

見ているだけで楽しい絵本。
面倒くさがらずに、一緒に子どもとゆったり読みたい絵本。
子供と絵本の世界で夜行列車の旅を楽しみたい方、お勧めです!
(まゆくらぶさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

西村 繁男さんのその他の作品

あやしい妖怪はかせ / バスていよいしょ / ことばさがし絵本 あからん / おばけもこわがるおばけ / タコのたこきちくん / むらの英雄



『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』浜島代志子さん×金柿代表

やこうれっしゃ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット