おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
アンディとらいおん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アンディとらいおん

  • 絵本
作・絵: ジェームズ・ドーハーティ
訳: 村岡 花子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「アンディとらいおん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1961年08月
ISBN: 9784834000030

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ライオンが大好きな男の子アンディの目の前に、ほんもののライオンがとびだしてきました。さあ、たいへん! でもアンディは平気です。ライオンはアンディの親友だったのです。

ベストレビュー

ライオンものでは1番おすすめ

 英語版の表紙を見て「古そう……」という印象を抱いていたのですが、いやいやとてもすてきな作品でした。米国に住んでいると、その頃のお話って(公民権運動が起きる前ですから)どうしても人権を無視した内容じゃないか、とか、差別的な表現があるんじゃないか、などと勘ぐってしまうのです。(こんな邪推を入れるとは、わたしの方がbias=偏りのある見方ですね。)でも、そんな偏狭的な視点の絵本であれば、こんなに長い間読み継がれているわけもないので、とりあえず娘と邦訳版のページを開いてみると、結果は大正解でした。
 図書館からライオンの本を借りてきたアンディは、あけてもくれても頭の中はライオンのことばかり。(こういうときってありますよね。)そんなある日、学校に行く途中で、なんと!本物のライオンに遭遇してしまいました……。
 副題は「しんせつをわすれなかったおはなし」です。アンディがライオンに夢中になる姿、アンディとライオンの関係、アンディの家族の描かれ方が、作者ならではの視点です。幼い子どもの心理をよく理解しているとでもいうのでしょうか。娘はちょうど主人公ぐらいの年頃なので、共感できるところがたくさんあったようです。1ページ1ページ、驚き、喜びの声、ためいきをもらしながら聞いていました。始まりと最後のページの関連性が、お話の奥行きをぐーんと深めていますね。心が温まり、空想の世界にも遊べるすてきなお話です。
(ムースさん 40代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

村岡 花子さんのその他の作品

偕成社文庫 伝記 ヘレン・ケラー  / 村岡花子童話集 たんぽぽの目 / 10歳までに読みたい世界名作(1) 赤毛のアン / 赤毛のアン / 赤毛のアンBOX2014(全12冊セット) / 講談社青い鳥文庫 赤毛のアン(5) アンの夢の家



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

アンディとらいおん

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット