新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

おおきいツリー ちいさいツリー
プラチナブックメダル

『 おおきいツリー ちいさいツリー 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

おおきいツリー ちいさいツリー

  • 絵本
作・絵: ロバート・バリー
訳: 光吉 夏弥
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2000年10月
ISBN: 9784477011417

B5変型判

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本


【結果発表】クリスマスに読みたい絵本

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

大人気のお話が絵本になりました!
ウィロビーさんのおやしきにとどいた大きな大きなツリー。大きすぎて、さきっぽを切りました。そのさきっぽがまた切られ、どんどん小さくなって……森の動物たちも大よろこび! アメリカで長く愛されてきた、かわいらしいクリスマス・ストーリーです。
いろいろな動物が登場するくりかえしの展開は、読み聞かせにぴったりです。

ベストレビュー

みんなのクリスマスツリー

数あるクリスマスツリーのお話の中で、一押しの絵本です。
ウィロビーさんのお屋敷に届けられた大きなツリー。
でも少々背が高すぎて天井につかえるのです。
早速先っぽをちょんぎってめでたし。
切れ端は小間使いにあげるのです。
ところが彼女のツリー置き場でもつかえて先っぽをちょん切って、
その切れ端を庭師が拾って・・・。
お話は延々と続きます。
最後の切れ端なんて、お屋敷のツリーからしたらとてつもなく小さいんですが、
それでもねずみ一家にはちょうどよい幸せサイズ。
おおきいツリーからちいさいツリーまでみんなみんな幸せ!
その発想が我が子達には受けました。
ツリーの存在感を感じます。
ページを繰るたびにツリーの緑色がとても素敵です。
いろんな人々、動物達の飾りつけも見所です。
(レイラさん 30代・ママ 男の子12歳、男の子9歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,540円
1,210円
1,650円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,970円
1,320円
825円
1,320円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら