ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
やっぱりみんな欲しい!『バムとケロ ぬいぐるみ全部セット』を、ギフトラッピングでお届けします♪
おじさんのかさ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじさんのかさ

  • 絵本
作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「おじさんのかさ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年05月
ISBN: 9784061318809

厚生省中央児童福祉審議会推薦文化財
全国学校図書館協議会選定図書
日本図書館協会選定図書

5〜6歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

おじさんは、とってもりっぱな傘をもっていました。
でかけるときはいつも傘をもって出かけましたが、
雨が降っても傘をさしませんでした。
なぜって、傘が濡れるからです。
ある日おじさんが公園で休んでいると、雨が降ってきました。ちいさな男の子が雨宿りに来て、友達の小さな女の子の傘に入り、二人で歌を歌いながら帰ります。
「あめがふったら ポンポロロン
あめがふったら ピッチャンチャン」
おじさんもつられて歌いだしてしまいます。

出版社からの紹介

内容紹介 雨の日におじさんが出会った素敵なできごと
りっぱなかさがぬれるのがいやで、かさをさそうとしないおじさん。ある雨の日、子どもたちの歌をきいたおじさんは、はじめてかさを広げてみました。すると……。

著者紹介 ■佐野洋子(さのようこ) 北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒。1967〜68年にかけて、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。主な絵本作品に、『だってだってのおばあさん』(フレーベル館)、『わたしのぼうし』(ポプラ社、第8回講談社出版文化賞絵本賞受賞)、『100万回生きたねこ』『わたしクリスマスツリー』(ともに講談社)などがある。『ふつうがえらい』(マガジンハウス)などエッセーも多数。

ベストレビュー

小学校での読み聞かせ

小学校の読み聞かせ会で読みました。
雨が降っている日で、外に行けなかった子供たちが
読み聞かせ会を選んでくれたようで…
2年生を中心に20人弱ほど聞いてくれました。
この日の読み手さんが都合が悪くなり
急遽、代役で読みましたので、
どの本も練習なし、一発本番です。

この本は長女が2年生のときに、生活発表会で
音楽劇で発表した思い出深い本です。
ちょうど雨が降っている日だったので
ぱっと手に取りましたが…
やはりこの本は練習が必要だったなぁと反省しています。
雨の日にも使わないくらい、大事に大事にしていた傘を
思わず開いてしまうような、
楽しげな歌の演出が出来なかったので、
子供たちを最後まで引き込むことが出来ず、
読み始めたときより、子供が減ってしまいました(泣)

「あめがふったら ポンポロロン
あめがふったら ピッチャンチャン」を
何にあてて歌ったら楽しいか、研究してから
またチャレンジしたいと思います。
(将軍亭琴音さん 30代・ママ 女の子12歳、女の子10歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐野 洋子さんのその他の作品

ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おいで、もんしろ蝶 / おばけサーカス / 死ぬ気まんまん / パンツのはきかた



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

おじさんのかさ

みんなの声(138人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット