雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
うさぎたちのにわ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎたちのにわ

  • 絵本
作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,456 +税

「うさぎたちのにわ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年
ISBN: 9784769020103

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


カナガキ事務局長、廣川暁生さんに聞く、レオ・レオニの魅力


レオニ賞、Bunkamura賞決定!!


谷川俊太郎さんサイン本など、豪華賞品当選者発表!

【コースター付き】 レオ・レオニ絵本セットも販売中です。>>>

出版社からの紹介

二匹の子兎は年寄り兎に「人参は幾ら食べてもいいが、木の上のりんごに手を出すな。狼にやられるぞ」と言われていました。ある日、りんごの木の下で・・・

うさぎたちのにわ

ベストレビュー

図書室の読み聞かせで好評でした

友人が図書室でのお話し会で読みました。
ぱっと見た感じは地味な印象でしたが、とても不思議な雰囲気があり、素敵な絵本でした。
子ども達も、目を釘付けにして見ていましたよ。
そして、うさぎ達がキツネから逃げようと、へびが大きな口を開けているところに飛び込もうとするページで、みんなが息を呑み、その次のページで大笑い。
こうきたか、と私もやられたなという気持ちでした。
それにしても、どの作品も全く違う趣があって、レオ・レオニって本当に不思議な絵本作家ですね。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レオ・レオニさんのその他の作品

フレデリック(ビッグブック) / レオ・レオニの絵本セット(全22巻) / レオ・レオニの絵本セット(全21巻セット) / 英語でもよめる スイミー / ねずみの つきめくり / アレクサンダとぜんまいねずみ ビッグブック

谷川 俊太郎さんのその他の作品

いそっぷ詩 / ここから だしてくれ〜! / 恐竜がいた / これはすいへいせん / ドライバーマイルズ / みる



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

うさぎたちのにわ

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット