新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
くまの楽器店

くまの楽器店

  • 絵本
作: 安房 直子
絵: こみねゆら
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784097263180

267×195×10mm・48P

この作品が含まれるテーマ

みどころ

安房直子さんから紡ぎ出される文章は、どの物語も心に残る情景が浮かんでくるようで本当に美しい。
例えそれが小さな子に向けて描かれたものであっても変わりません。
「くまの楽器店」は、緑のベレー帽をかぶったくまが営む小さなお店のお話です。
看板には「ふしぎや」とかかれており、訪れる人達は必ずしも楽器を探しにくるわけではないのです。
お客さんとくまのやり取りは、さりげなく、でもとても心が優しくなれるお話ばかり。
そんな様子をふんわりと素敵に描き出しているのが、独特な世界観でファンも多いこみねゆらさんです。
緑のベレー帽をかぶったくまさん、小さな店の中の様子、大切に置かれた一つ一つの楽器。
安房直子さんの文章そのままの雰囲気で、嬉しくなるほどです。そして、お客さんの心まで表わしているようなそれぞれの風景が、この物語をより深く、そして温かいものにしてくれているようです。
耳に、そして心に気持ちの良い一冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

くまの楽器店

出版社からの紹介

ふしぎな楽器を売っているくまのお話。
くまの楽器店にやってくるのは、かわいい男の子や、元気のないおじさん、おなかをすかせたネズミさん、寒がりやのウサギさんたちです。くまの楽器屋さんは、それぞれのお客さんにぴったりの楽器を勧めてくれます。

ベストレビュー

冬に読むのにぴったり

こみねゆらさんの優しい穏やかなイラストに惹かれ、手に取りました。
くまの営む小さな楽器店「ふしぎや」。そこにやってくるお客様とのやりとりが、各章に分かれて語られます。
楽器が並ぶお店の棚がとてもすてきです。
安房直子さんの温かいおはなしと、こみねゆらさんのイラストの雰囲気がとてもあっていて、読んでいて気持ちがいいです。
冬のお話が多いので、今の季節にぴったりでした。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子15歳、男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

3,520円
1,320円
1,540円
836円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
418円
605円
495円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

くまの楽器店

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら