たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ

  • 絵本
文: 富安 陽子
絵: 大島 妙子
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年10月05日
ISBN: 9784834083668

5才から
36P/26p×27p

関連書籍
オニのサラリーマン

関連するスペシャルコンテンツ


大賞決定!3600票を超える投票ありがとうございました

出版社からの紹介

地獄勤めの赤鬼オニガワラ・ケンと同僚のオニジマは、えんまさまから出雲出張を命じられ、「ぜんこく神さまサミット」の会場警備を手伝うことになりました。飛行船に乗りこんで出雲へ向かい、稲佐の浜に来てみれば、日本じゅうからやってくる神さまたちで大混乱。ふたりは案内やら警備やらあっちこっちてんやわんやしながら、神さまたちをお迎えします。開会を告げる神つどいの迎え太鼓が鳴り響き、出雲の夜はふけていきます。

ベストレビュー

出張!

小学校2年生のむすめが一人読みしました。
ちょうど小学校の国語で「泣いた赤鬼」をやったばかりなので(お話の志向はちょっと違いますが)、鬼の話に惹かれたようです。
こちらは、「鬼のサラリーマン」。イラストもインパクトがありますね!
実は鬼の世界もこんなふうになっているのかも!?
絵本の醍醐味のような面白い1冊に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

サラとピンキー サンタの国へ行く / 童話作家のおかしな毎日 / まゆとかっぱ / ホオズキくんのオバケ事件簿(1) オバケが見える転校生! / サラとピンキーたからじまへ行く / 日本全国ふしぎ案内(3) 菜の子ちゃんとキツネ力士

大島 妙子さんのその他の作品

はなやのおばさん / やぎこ先生 いちねんせい / 落語ねこ / ソフトクリームのソフトさん / なくのかな / かたあしの母すずめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット