話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
おどりトラ  韓国・朝鮮の昔話

おどりトラ 韓国・朝鮮の昔話

  • 絵本
再話: 金森 襄作
絵: 鄭スクヒャン
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※レビューの一部は、1997年11月15日初版の『おどりトラ』につけられたものですが、2024年4月刊のこちらの『おどりトラ 韓国・朝鮮の昔話』に転載させていただいております。

作品情報

発行日: 2024年04月03日
ISBN: 9784834014587

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
判型:266×196mm ページ数:32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

山奥に住んでいるたくさんのトラの中に、踊りの大好きなトラがいて、おどりトラと呼ばれていました。ところがみんなで獲物を追っている最中に踊り出して、獲物を取り逃がしてしまうことがあったため、おどりトラは群れから追い出されてしまいました。それでも踊りの腕を磨いたおどりトラは、不思議な力をもつようになりました。ひょうきんでおっちょこちょいなトラのお話です。

ベストレビュー

踊りの好きな 陽気なトラは 人助け

韓国の昔話は 踊りの好きなおどりトラの 陽気なお話でした。

確かにトラは怖くて人を襲うものと思われがちですが・・・
こんな おどりトラは 仲間のトラからは はみごにされますが 不思議な力を備えたトラなのですね! 病気の人間を救ったり
魚や 米がとれずに困っていると 踊りを踊って救うのです 
神様が 使わせた トラなのかもしれませんね・・・・おどりトラの陽気な顔がおもしろく 韓国の生活が絵の中に描かれていて おもしろいです

以前に韓国の市場で ブタの顔があって驚きましたが 韓国ではこういう風習が ありますね。
 
 トラばしごも なかなか迫力がありました。  木の上の木こりは
生きた心地がしなかったのでは?

想像しただけでも怖いのですがかみ殺される前に 竹でフエを作り きれいな音色で吹いたので命拾いします(人間死を覚悟すればこんなになれるのかしら)

おどりトラのおかげですね!

  それにしても このおどりトラは いつまでも いつまでも 踊り続けていたとありますが 幸せなトラですね!

好きなことができて 生きていけるなんて・・・・ 
羨ましくもあります

やっぱり 神様の使いのトラかな?
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

10,560円
858円
1,650円
1,480円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

385円
3,960円
550円
2,915円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

おどりトラ 韓国・朝鮮の昔話

みんなの声(19人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら