新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
14ひきのひっこし
プラチナブックメダル

『 14ひきのひっこし 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

14ひきのひっこし

  • 絵本
作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1983年07月
ISBN: 9784494006182

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
中央児童福祉審議会推薦
B5判/26.6×19cm 32頁

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


いわむらかずおさんにインタビューしました!

出版社からの紹介

もりのおくめざして、さあしゅっぱつ。川をわたり、不安な一夜をすごして、やっとみつけた、すてきな根っこ。みんなで力をあわせて家をつくり、はしも、すいどうもできた。たべものもたくさんあつめて、さむい冬がきてもだいじょうぶ。みんな、ほんとうにごくろうさま。

ベストレビュー

シリーズの原点

何度も読んだのに投稿していないことがわかって、慌てて投稿しました。
我家で大人気の14ひきシリーズの第一作。
と思いきや、「14ひきのあさごはん」も、初版は1983年7月10日と同一だと初めて知って、正確には2冊が第一作ということなのでしょう。
但し、物語の原点という点では、この作品が原点になります。
そして、1983年の初版から既に91万部も発刊しているベストセラーでもあります。

やはり、この作品は、14匹の家の成り立ちが分かるという点で、読まないとならない作品です。
でも、この作品から読むよりは、他の話を知ってからの方が、感動が倍増するような気がします。
部屋を作るシーンとか水道を引くシーンは絶品です。
我家では、この作品はこのシリーズの完読の直前に読んだのですが、逆に新しい発見があって、全体の流れがより認識できたと思っています。

全体にどこか家を追われてきたような悲壮感が漂っているので、シリーズの最初でなく何作目かに読むことをオススメします。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
836円
1,100円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,640円
2,970円
1,100円
440円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

14ひきのひっこし

みんなの声(145人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら