ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いちごでなかよし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちごでなかよし

  • 絵本
作・絵: じゃんぼ かめ
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1990年
ISBN: 9784337015036

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


お気に入りのくだものはどれ?

出版社からの紹介

小さないちごは、おおぜいでいつもにぎやか。大きないちごも加わって、いちごたちは、みんななかよし。

いちごでなかよし

ベストレビュー

ほっこりできる

1990年に初版がでて、以降、ロングセラーの絵本。
誰が見ても、まず無難な、平和な雰囲気で、癒される。
シンプルな作品で、余白もいっぱいあるので、
いろんなことを想像しながら楽しめる作品だと思います。

私が一番好きなのは、表紙の後にあるみかえしの部分。
たくさんのいちごのキャラクターが整然と並んでいて、あっちを見たり
こっちを見たりしていて、にぎやかで楽しい雰囲気。
全部同じような感じもするし、ひとりひとり違うような気もする。
特に話のスジには関係ない部分だけども、遊び心があって素敵です。

おおきいいちごと、ちいさいいちごのお話。
(中身は、本を見てくださいね。)
かなり小さい子どもでも、楽しめる内容だと思います。
(3歳くらいからいけるのではないでしょうか?)

大人になってから読むと、どうっていうことのない平和な話なのですが、
なんとなく心がやわらなくなり、ほっこりできます。
いろいろと心配事が多い人生の中で、たまにはこんなふうな
単純明快で、明るく平和な雰囲気に浸って一休みするのも素敵です。

おおきいいちごと、ちいさいいちごの形が、若干違うところが、面白いです。
確かに、巨大なイチゴと、小さなイチゴはああいう形をしているな、と
作者の観察力に関心してみたり。
いろいろな楽しみ方ができる絵本だと思います。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「いちごでなかよし」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

じゃんぼ かめさんのその他の作品

ももでげんき / はりきりみかん / すきすきさくらんぼ / はだかんぼ ばなな / あわてんぼ りんご



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

いちごでなかよし



全ページためしよみ
年齢別絵本セット