話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

くまのクリスマス
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

くまのクリスマス

  • 絵本
作: 高橋 和枝
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年11月04日
ISBN: 9784097266112

3歳〜10歳
AB判・32P

みどころ

「ねえ。
ことしは うちでも
クリスマスを してみない?」

おとうさんぐまの提案で、初めて「クリスマス」をすることになったくまの家族。
どうして「初めて」かって?
それは、いつもクリスマスが来る前に「冬眠」してしまうから!
今年は冬眠の予定を先延ばしにして、念願の初めてのクリスマスです。

プレゼント用の靴下を編んだり、ツリーに飾り付けをしたり、サンタさんにお手紙を書いたり、くま特製のクリスマスケーキを作ったり、家族でせっせとクリスマスを迎える準備をするくま親子。
でもその最中も、ねむくてねむくてたまらない様子が愛らしく、思わず「がんばれー!」と応援したくなります。
ほんわかと温かみのある絵も、クリスマスの幸せな雰囲気にぴったり。

「冬眠を先延ばしにしているから眠い」というのがこの絵本の重要なポイントになっているので、お子さんにこの絵本を読む前に、「くまさんって、いつもは冬になったら寒くてずっと寝ているんだって」といったように、くまの冬眠について、少し話しておくといいかもしれません。
(ちなみに、以前は「くまは冬眠ではなく冬ごもりするもの」と考えられていましたが、最近の研究ではくまも冬眠するということがわかっているようです)

(洪愛舜  編集者・ライター)

くまのクリスマス

出版社からの紹介

くま一家のはじめてのクリスマス

くま一家は冬眠を先にのばしてはじめてのクリスマスに挑戦。眠いのをがまんして準備をして、無事クリスマスイブを迎えることができました。明日はいよいよサンタさんからのクリスマスプレゼントが届きます・・・。

くま一家は冬眠をするのでクリスマスをしたことがありません。でもお父さんぐまは、クリスマスのイルミネーションできらきら輝く街の様子がうらやましくてしかたありません。とうとう冬眠を先にのばして、クリスマスというものをしてみることにしました。
眠気をがまんしながら、サンタさんに手紙を書き、プレゼントを入れてもらう靴下を編み、ツリーを飾り付け…準備は着々と進みます。
あこがれのイルミネーションも、電器屋さんから買ってきました。ツリーもきらきら、おうちもぴかぴか、さあすてきなクリスマスの始まりです。
でもケーキを食べると、またしても眠くなってきました。くまたちは明日の朝、サンタさんからのプレゼントを開けるためにも、もう今夜は休むことにしましたが……。
くまたちがクリスマスに向けて一生懸命準備するさまが愛おしい、クリスマスシーズンにぴったりの一冊です。

ベストレビュー

クリスマスって楽しいな

クリスマスの準備をするのが楽しいですね。

どんな飾り付けにしようかなと思い巡らしたり、
飾り付けをしたり、前準備をしてるときが
楽しいですね。

みんなでガヤガヤと話し合いながら(ときにはけんかになったり)
考えて行くのがとっても楽しみです。

もちろんいちばん嬉しいのはプレゼントかな?
(ゆうちょさんさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高橋 和枝さんのその他の作品

あら、そんなの! /  ハートウッドホテル(4) ねずみのモナと永遠のわが家 / ハートウッドホテル(3) ねずみのモナとはじめてのジェラシー / もりのともだち、ひみつのともだち / もりのゆうびんポスト / ハートウッドホテル(2) ねずみのモナと最高のおくりもの


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > くまのクリスマス

5月の新刊&オススメ絵本情報

くまのクリスマス

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット