新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

クジラが歩いていたころ―動物たちのおどろくべき進化の旅
  • キャンペーン対象作品 今なら送料無料ためしよみ冊数制限なし

クジラが歩いていたころ―動物たちのおどろくべき進化の旅

  • 絵本
著: ドゥーガル・ディクソン
絵: ハンナ・ベイリー
訳: 橋本 あゆみ
出版社: 化学同人 化学同人の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年11月04日
ISBN: 9784759821154

小学高学年
64ページ

関連するスペシャルコンテンツ


【募集中】2021年2月 出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

出版社からの紹介

みなさんは、地球の本当のすがたを知っているでしょうか?
さあ、太古の世界にタイムスリップして、
恒温動物だったワニをさがしに出かけ、
足のあるヘビが穴掘りをしているところを見に行きましょう。
島にくらす恐ろしい巨鳥や、
小さなゾウに会いに行きましょう。
生命が海から陸にはい上がった瞬間、
わたしたち霊長類の祖先が木から地上におりた瞬間――
この地球の歴史は、すばらしい物語にあふれています。

【目次】
進化ってなに?
地球の生命の歴史年表
進化の樹を理解しよう
自然界の大実験
ヒレが足になったころ
トカゲが水中へかえったころ
爬虫類に翼が生えていたころ
ワニが世界を支配していたころ
ヘビに足があったころ
鳥に歯があったころ
クジラが陸を歩いていたころ
サイが巨大化したころ
小さなゾウがいたころ
鳥が飛ぶのをやめたころ
哺乳類が狩りをはじめたころ
霊長類が木から地上におりたころ
進化はつづく

ベストレビュー

クジラが歩いていた!?

子ども向けの絵本と思い読んでみると、生物の進化の過程が詳しく書かれたとても勉強になる本でした。
文章量も、しっかりありますが、わかりやすく、絵もたくさん使われているので、見応えがあります。
化石などから、考えられる大昔の生物の様子と、現在の生き物の姿に残る進化の名残など、とても興味深いです。
タイトルにあるように、クジラが歩いていたと想像すると、地球の歴史に圧倒され、私たちの生きているこの時は、ほんの一瞬のことに思えます。
大人から子どもまで楽しめる絵本です。
小さなお子さんとは、親子で、生き物たちの絵を見ながらいろんなことを想像して語り合って楽しみたい本だなと思いました。
(ピーホーさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ドゥーガル・ディクソンさんのその他の作品

ティラノサウルス とびだす解剖学ガイド / アフターマン 人類滅亡後の動物の図鑑 児童書版 / 新恐竜 絶滅しなかった恐竜の図鑑 児童書版 / 動物の鳴き声 恐竜 / 恐竜の世界

ハンナ・ベイリーさんのその他の作品

こうしてヒトになった―人類のおどろくべき進化の旅


絵本ナビホーム > > クジラが歩いていたころ―動物たちのおどろくべき進化の旅

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

クジラが歩いていたころ―動物たちのおどろくべき進化の旅

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット